fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

神社、仏閣、城、日本の歴史的木造建築技法。世界に誇る職人の技術「木組」展。 2021/2/10

          札幌駅隣接エスタ店、イベント会場で木組展。
          木組の基本を、職人の手仕事で展示されていた。

          木造建築で部材同士を同じ方向に延長する「継手」
          直角やある角度で接合する「仕口」があるそう。

          特に本州では、木組の古い建築物はよく見かける。
          現在は技術が不要な金具接合が主流ですね。


 エスタ全景です。


R0029990_convert_20201222150505.jpg


 会場の11階プラニスホール。


R0030023_convert_20201222151412.jpg


 会場光景です、見学者多かったです。


R0030021_convert_20201222151335.jpg


 木組橋で珍しい錦帯橋です、 2012年の記録です。
 日本の木造建築は、垂直材と水平材が当たりまえが、岩国市錦帯橋で
 アーチ橋で、柱を使わず36メートルの長さを支持してる。


R0012567_convert_20201222150416.jpg


 最初の建設は1673年、現在の橋は2003~2005年に架け替えられた。
 2012年に撮影。


R0012564_convert_20201222150334.jpg


 国宝姫路城、2012年に撮影。


R0012266_convert_20201222150244.jpg


 偶然にも、天守閣部分の補修作業中で全体が囲まれていた。
 職人による、屋根部分の補修作業を近くで見学、ラッキー
 城では国宝松山城が好き、どの角度から見ても国宝の貫禄。


R0012255_convert_20201222150150.jpg


木組展で錦帯橋アーチ部分を再現。


R0029997_convert_20201222150604.jpg


 四方差し。
 柱の四方から横架材が、それぞれ継手、仕口をつくる最も
 複雑な木組、下の部分が分解を示してます。


R0029999_convert_20201222150703.jpg


 円覚寺舎利殿組物原寸模型。分解したところ。
 神社、仏閣の柱の上に組物の複雑な木組を見ますね、
 天秤のように重さのバランスが取れてのです。


R0030002_convert_20201222150751.jpg


 柱のつなぎ模型いろいろ。


R0030004_convert_20201222150835.jpg


 河合継手。
 直線方向と直角方向に組むことができる。
 考案者の名前をとっている、後方が完成型。


R0030007_convert_20201222150912.jpg


 直線上の継手、後方が完成型。
 大手門継手とも言うそうです。


R0030009_convert_20201222150950.jpg


 木組パズルX本組、無限に増殖させることができる。


R0030011_convert_20201222151027.jpg


 木組パズル市松組、これも無限に広げることができる。


R0030012_convert_20201222151111.jpg


 日本の芸術品ですね。 無限に広がる。


R0030013_convert_20201222151156.jpg


 組子びよう風、 感動でしばし見入ってしまいました。


R0030017_convert_20201222151234.jpg


     日本には、石による石組の橋もありますね。
     特に九州で多く見かけました、アーチ状で石の競り合いで強度がある。
     車の交通も平気。
     長崎の眼鏡橋等。

          
  1. 2021/02/10(水) 07:49:43|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<札幌駅、商業施設&市内各所のホテル、前庭に美しいイルミネーション。  2021/2/17 | ホーム | 晩秋の地下歩行空間。秋の「菊まつり」 約800点の出品(2020/11/3〜5) 2021/2/3>>

コメント

P/TAKEさんへ!!

凄いですね~旅人ですねー。☆エスタは新幹線が来たら移転ですかね~
姫路城、錦帯橋等懐かしく拝見しました。また来ます。!
  1. 2021/02/12(金) 11:07:11 |
  2. URL |
  3. 荒野鷹虎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahi25881939.blog.fc2.com/tb.php/765-1aea9786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR