オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

江別市東野幌、千古園北の開拓に尽くした関矢孫左衛門屋敷跡、ブナの大木。  2017,8,16

     札幌市から国道12号線を旭川市に向かい、約30㎞程度に江別市があります。
     江別市野幌駅手前で、右折道道46号線に入るとまもなくでした。 江別市東野幌375番地。

     この地、野幌開拓の移民団は旧長岡藩士宅に本社を構えた『北越植民社』誕生は明治19年。
     関矢孫左衛門が初めて野幌の地を踏んだのが明治22年、翌年新潟の農民ら200人以上と共に
     野幌への移住が本格化したそうです。

     この千古園は、孫左衛門の屋敷跡で思いのほか広大でした。
     最初は、巨木のブナがほとんどかと思いましたが、いろんな種類の古木、高木が多いのに
     驚きました。

 12号線から右折まもなく46号線ぞいに大木の森が目に入る。
 千古園を示す案内板が。

R0024172.jpg

 千古園の大木の切れ目の広場に立つ『史跡千古園』の石碑。

R0024219.jpg


 千古園の中央付近に、大木の森の中で太陽が差し込む小さな広場
 があった、孫左衛門の屋敷のあった場所かと想像してしまう。

R0024225.jpg

 広場のまわりは、長い歴史を思わせる大木、高木の連続。

R0024226.jpg

 千古園の外周にそって、大木の間に立つ石像、石像の裏には個人名があり
 個人で建てたもののようです。

R0024174.jpg

 何本かが合体したように見えますね。

R0024235.jpg

 大木ブナの集団、みごとです。
 老大樹のブナの種子は明治31年孫左衛門が出身地の新潟県から持ち帰ったものだそうです。
 長い風雪に耐えてきたことを、想像して見てました。

R0024183.jpg

 3本に見えますが、実際は5本が長い歴史の中で合体した姿だそうです。

R0024229.jpg


 園のくぼ地に、池と東屋が開拓の疲れを癒した場所でしょうか。

R0024206.jpg

 関矢孫左衛門の指導で、開拓成功と発展を偲び村民が『留魂碑』としてここに据えた。
 孫左衛門はこれを喜び周りを散策したそうです。

R0024211.jpg

 野幌独立移住民開拓記念碑。
 独立とはどんな意味をもつのでしょうか。

R0024216.jpg

 江別市保存樹木ブナ。
 道南地方が北限だそうですが、市内でも稀な巨木だそうです。
 樹高 25㍍ 樹齢 120年

R0024184.jpg


 サワラ(保存樹木)サワラとしては有数の古木で高木です。
 樹高 25㍍  樹齢  95年

R0024189.jpg


 ミズナラ。 水分の多い木でミズナラと言うそうです。

R0024192.jpg


 キタコブシ(保存樹木) 樹齢 180年
 大木、古木となり枝に支えが必要となってます。

R0024178.jpg


 シラカンバ(保存樹木)北海道では比較的良く見る木ですが、こんな大木は初めて
 開拓当時そのまま残されている貴重な巨木です。

R0024195.jpg


 エゾヤマザクラ(保存樹木)
 開拓当時の樹木です。 樹齢 95年

R0024199.jpg


 うだいかんば。
 樹皮は良く燃え、鵜飼のたいまつに使われるそうです。

R0024204.jpg


 イチイ(保存樹木) 北海道ではオンコとも呼びますね。
 こんな、高木のイチイは初めて、樹齢 210年

R0024236.jpg


 広い千古園で唯一見た花。

R0024209.jpg

 千古園から見えた、むぎ畑。
 収穫時期のようです、孫左衛門の精神が今も引き継がれてますね。

R0024234.jpg


 千古園は江別市指定文化財になってます。
  驚いたのは、この地区は豪雪地方広い園には大木、古木が多く守るため冬囲い
 をしてるのだろうか、私は数と高木から自然にまかせてるように感じた。

 一本の枝も折れた様子が無い、まわりのブナの大木が内側に多い保存樹木の古木
 を守ってるようにも見える。
 
     
  1. 2017/08/16(水) 08:20:29|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<札幌市、月の出〜月の入り。                     2017,8,23 | ホーム | 自宅から花火大会観賞〜街の夜景とベストマッチング〜       2017,8,9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahi25881939.blog.fc2.com/tb.php/557-c29350ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、
PCもblogも初心者です。
よろしく。
イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
日記 (41)
旅行 (10)
札幌 (184)
北海道 (141)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
栃木 (1)
群馬 (2)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

北のうさぎ