fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

登別市郷土資料館、幌別地区は仙台藩士片倉家の移住地〜明治期の生活、産業用品〜アイヌ文化。 2015.1.22

                                平成26年11月26日 過去ログ
   登別市郷土資料館は、幌別地区にありました。
   この地区の開拓歴史は、明治元年東北の大藩であった仙台藩が新政府軍と敵対し敗北
   仙台藩士の片倉家の白石城は接収され、家来と共にこの地に移住する道を選んだのですね。

   片倉家は武士の身分を剥奪されることなく移住、身分を守るための一つの方法だったのですね。
   又、新政府側も東北に残すより、遠い北海道に移住させた方が反乱の心配も無く成ると言う
   考えもあったそうです。

   登別市郷土資料館のモデルは、東北の白石城だそうです。
   明治から昭和の生活用品、農業、産業器具、アイヌに関する資料など豊富な資料が展示されてます。
   当然、片倉家に関する資料、開拓の歴史など詳しく説明されてますよ。


 札幌から国道453号で支笏湖畔を通る。
 曇り空の支笏湖、こんな雰囲気も良いものです。


R0020285_convert_20150112164411.jpg


 樽前山と風不死岳が見えます。 何度か登山をした山です。
 奥の山が樽前山。


R0020289_convert_20150112164529.jpg


 登別駅、道産子でも寄らないものですね、実に懐かしい。
 中学時代の修学旅行で利用して以来かも!!
 旭川近郊の田舎中学、修学旅行先は登別温泉と洞爺湖温泉でしたよ。


R0020294_convert_20150112164649.jpg


 北海道の観光地ではクマですね。
 古い話で申しわけありませんが、小学時代の修学旅行は札幌、小樽でした。
 どちらかに一泊、思い出すのは米を2合ほど持参の旅行でしたよ。
 旅館に到着すると渡す、昭和20年代後半旅館ではまだ、米確保に大変な時代だったのでしょう。
 米農家が多い学校に要請したのでしょう。


R0020293_convert_20150112202128.jpg


 東北白石城がモデルの資料館です。


R0020296_convert_20150112202007.jpg


 御衣黄と言うサクラ。(ぎょいこう)
 江戸初期の頃、京都仁和寺で観桜されたのが最初だそうで、高貴なサクラとして
 宮中の観桜の宴で首座をしめてたそうです。
 見頃は5月20日前後から5日間ほどだそうです、淡い黄緑から、しだいに濃さを増すそうです。


R0020299_convert_20150113163242.jpg


 晩秋の頃でした、白石城がモデル。


R0020301_convert_20150113163514.jpg


 片倉家の故郷宮城県白石市。


R0020303_convert_20150113163833.jpg


 白石城です。


R0020304_convert_20150113163940.jpg


 東北白石との関係資料の展示。


R0020302_convert_20150113164104.jpg


 片倉家、武士ですね兜です。


R0020319_convert_20150113184254.jpg


 片倉家のコーナー。


R0020322_convert_20150113184551.jpg


 片倉家家族写真です。14代健吉と子供達、右の二人は景光の子供。
 開拓も進み落ち着いた頃の写真でしょうね。


R0020324_convert_20150113184710.jpg


 開拓初期の風景、まず住む所が必要ですね。


R0020323_convert_20150113184917.jpg


 登別の自然コーナー


R0020307_convert_20150113164419.jpg


 生活、文化コーナー。


R0020308_convert_20150113182210.jpg


 何故かカメラ歴史コーナーも。


R0020309_convert_20150113182401.jpg


 懐かしいですね、二眼レフです。
 友達が使ってたのを思い出しました。


R0020311_convert_20150113182528.jpg


 農業コーナー、北海道の歴史資料館ではどこも似た資料が多いですね。
 

R0020312_convert_20150113183250.jpg


 太古の時代の想像展示です。


R0020314_convert_20150113183536.jpg


 この地区で発掘された、4万年前のトドマツの化石です。


R0020316_convert_20150113183848.jpg


 住まいのようす。


R0020317_convert_20150113183703.jpg


 生活用品。


R0020318_convert_20150113184023.jpg


 北海道ですね、アイヌ関係資料コーナーも有りました。
 この地区は、白老地区を含めてアイヌの歴史が古く有るのですね。

 知里真志保氏の資料が多く展示されてます。
 アイヌの言語学者で文学博士で大学での指導教授は、金田一京助。
 『アイヌ神謡集』の著者知里幸恵は姉になります。幸恵はアイヌ語地名研究者としても
 有名ですが、19歳の若さで死亡してます。

 奥の婦人写真は、金成マツさんで大正から昭和の婦人伝導師、
 アイヌ文化(ユーカラ)の伝承者。


R0020329_convert_20150113191016.jpg


 私たちが現在、何気なく生活してる中にも先人の開拓の苦労が有って
 成り立ってるのですね。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





 
  1. 2015/01/22(木) 11:19:03|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<札幌市、厳寒、無風の早朝〜朝焼けで目覚め〜         2015.1.25 | ホーム | 日記、癌手術後初風呂〜同時入浴のオジーチャン『ありがとう』の言葉の難しさ〜 2015.1.19>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahi25881939.blog.fc2.com/tb.php/423-0a1b0530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR