fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

小樽市、新年の月景気良い地名『銭函』〜歴史ある地域でした〜 2015.1.10

  銭函地域は小樽市の東端で、札幌市との境界になります。        昨年初秋 過去ログ
  前回紹介した張碓町は隣り町、銭函地域には軽工業も有り、全国メジャーの小樽カントリー
  クラブのある所です。
  夏には小樽ドリュームビーチ海水浴場で札幌地区では良く知られたところです。

  歩いて見ると古い歴史のある地域でしたよ、しかし、歴史を感じる物は少ない
  そんな所でした。





 国道5号線沿いには、新しい商店街、住宅が見られますが歴史を感じるのは
 傾斜地を下がった海岸に近いところでした。
 銭函駅です。 張碓町の断崖を通り銭函を経由して札幌です。函館本線ですね。
 

R0019893_convert_20141231164514.jpg


 歴史を感じますね。 明治13年小樽手宮駅から札幌間の鉄道開通、道内で最も古い
 有人駅の一つ現在の駅舎は昭和6年に建てられ替えられてます。

 その後旧三笠駅まで開通し、北海道開拓移住者、和歌山県十津川村の災害移住者等も
 ここを利用しましたね。


R0019894_convert_20141231164744.jpg


 小樽方面右は日本海、絶壁の海岸線張碓に続きますね。


R0019895_convert_20141231164912.jpg


 古い蔵のようですね。 古い歴史のある事が分かります。
 銭函は安永9年(1780年)松前の商人が鮭魚の歴史があるとされてますが、本格的
 銭函の歴史は『北海道開拓の父』とされる島義勇が明治2年に開拓使判官に就任し、
 この銭函に『開拓使仮役所』が設置され開拓の重要な役割の地だったそうです。


R0019891_convert_20141231165046.jpg


 地形的、地理的に又海岸線も一直線、船場も難しい感じのこの地
 だったのか理解しがたい感じで歩いてましたね。
 大阪屋とあります。


R0019892_convert_20141231165215.jpg


 線路を渡り山側に、豊足神社です。(とよかり)


R0019896_convert_20141231165407.jpg


 安永9年稲荷神社として伝えられ、明治9年豊足神社と改称されたそうです。
 銭函の古い歴史が分かります。
 本殿です、参拝。


R0019897_convert_20141231165748.jpg


 神社の境内に機雷が?、 機雷の由来がありましたよ。
 明治40年頃オタネ浜(現在の大浜海水浴場)に漂流したものを発見
 日露戦争当時、露軍が日本海に施設した機雷だそうです。


R0019898_convert_20141231165922.jpg


 国道5号から海岸方面に向かう。


R0019901_convert_20141231170315.jpg


 岸壁から小樽方面です。


R0019902_convert_20141231170513.jpg


 1月4日ブログで紹介した、張碓町恵比須島が見えますね。


R0019903_convert_20141231170716.jpg


 山側には春香山スキー場です、昨年夏ゆり園として見学してきました。


R0019905_convert_20141231170907.jpg


 断崖上から恵比須島に近くなりました。
 気持ち良い散歩道気分でしたよ。


R0019910_convert_20141231171749.jpg


 張碓川近くに成ると集落です、橋が見えますが札樽高速道路。


R0019913_convert_20141231172026.jpg


 国道5号線を越え、山側を歩くとこんな小屋が、畑仕事のオジサンに会う。
 健康の為、野菜を作り知り合いに配ってるそうです。
 日本海の見える贅沢な野菜作り、天気が良ければ増毛方面の連峰が見えるそうです。
 

R0019915_convert_20141231172317.jpg


 『銭函』と言う由来に興味が有り調べてみました。
 鰊漁で栄え、どの漁師の家にも『銭箱が積まれていた』と言う話が有力だそうです。
 しかし、他の日本海の旧鰊場で見られる『鰊御殿』が残っておらづ由来は別のところ
 にあると言う説もあるそうですよ。
 今は商店に衣替えした『蔵』がわずかに残されてるだけです。
 漁場として栄えるには、港が必要ですがそれが無い、後者のように思いますが?
 『銭函』の歴史にはいろいろ夢が有りそうですね。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  
  1. 2015/01/10(土) 11:43:35|
  2. 小樽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<札幌市、〜新年の朝日に輝く手稲山連峰〜            2015.1.13 | ホーム | 札幌市、2015年〜我が家の初日の出〜1月3日でした〜      2015.1.7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahi25881939.blog.fc2.com/tb.php/419-b238cea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR