fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

札幌軟石、石山緑地公園〜4万年前支笏カルデラ大火砕流産物でした。 3014.6.7

   先日訪問した札幌資料館が札幌軟石を使った建材と知り『石切り場』を
   歩いて来ました。
   明治から昭和初期にかけて、札幌、小樽市周辺で建設資材として多く使われたそうです。
   今でも札幌市内でも見かけます、小樽では多く残されてます。

石山緑地公園に着きました、南区で市内から近いですよ。


R0017679_convert_20140604151730.jpg


4万年前の支笏カルデラで大規模な火砕流が発生、現在の札幌市南区にまで達した
直線で約20㎞有りますが、規模の大きな火砕流だったのですね。
これが、固結したもので明治4年札幌を訪れた外国人によって発見されたそうです。
公園入り口です。


R0017678_convert_20140604151551.jpg


公園入り口近くには、軟石の利用方法を兼ねた展示が有ります。


R0017680_convert_20140604151951.jpg


石山緑地公園全体を彫刻した模型です。 広いですよ。


R0017682_convert_20140604152132.jpg


軟石を使った、石塔です。 噴水塔でも有ります。
暑い日で近づくと涼しさを感じました。


R0017684_convert_20140604152321.jpg


軟石を使った公園広場。 軟石採取跡地を公園としてるのでしょう。


R0017685_convert_20140604152644.jpg


石を小さく破砕するための方法を示してるのでしょうか。


R0017686_convert_20140604152843.jpg


石山軟石は、キメが細かく適当な硬度があり、柔らかいため切り出しが容易だったそうです。
見た感じでは、そんなイメージは受けませんでしたが、プロから見るとそうなんでしょうね。


R0017688_convert_20140604153030.jpg


製品としては、良く無い端の部分は残されてます。


R0017690_convert_20140604153204.jpg


軟石の上には、15㍍程の火山灰が有り、まづそれを取り除きます。
その下にも製品に成らない柔らかい軟石が有るそうで、それを取り除いて初めて
製品の切り出しに成るのです。
今は公園として、無料で見学出来ます。


R0017696_convert_20140604153853.jpg


製品を切り出した跡が、良く分かりますね。 下の平面に成ってる部分まで
製品として切り出されたのでしょうね。


R0017697_convert_20140604154233.jpg


製品に成らなかった部分はそそまま残されてます。


R0017699_convert_20140604154931.jpg


切り出された跡が良く分かります。
最初に『堀り切り』と言って溝を切るそうです。深さ30㎝. 巾9㎝ ぐらい。
その後金矢を打ち込む、割り出しと言うそうで、一番技術のいる重要な仕事ですね。
それにより、製品の歩留まりに影響しますもね。
大きさは、3㍍×1㍍ぐらい、ベテランは石の目が分かり割り出しが決まるそうです。


R0017698_convert_20140604154751.jpg


溝きりの跡でしょうか。


R0017700_convert_20140604155110.jpg


堀り切り跡でしょうか、途中に有る溝の意味が説明を受けないと分かりません。


R0017701_convert_20140604155239.jpg


表面仕上げの形を、公園化の為示してるのでしょう。


R0017702_convert_20140604155417.jpg


良く平面状に切り出しが出来る物ですね。


R0017703_convert_20140604155712.jpg


切り出し終わった所は、緑地公園に成ってます。


R0017704_convert_20140604155907.jpg



札幌軟石を使った、古民家です。  市内ですが現在オシャレナ喫茶店として繁盛。


R0013043_convert_20140604162233.jpg


保温性が良く倉庫の建材としての利用も多いです。 これも市内の倉庫です。
小樽では、小樽運河沿いに多く見られますよ。


R0013046_convert_20140604162506.jpg


札幌資料館も軟石です。


R0017489_convert_20140520161515.jpg


現在も札幌軟石、採石は一社だけ操業してるそうですが、時代の変化全部コンクリート
に成りましたね。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  
  1. 2014/06/07(土) 09:55:40|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<札幌北の細道、手稲鉱山跡〜廃坑跡を探索〜第一報       2014.6.10 | ホーム | 北海道大学、馬術部厩舎見学〜田舎時代以来身近な馬との出会い。  2014.6.4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahi25881939.blog.fc2.com/tb.php/345-3e0c935d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/08 08:42)

札幌市南区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/06/08(日) 08:43:11 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR