fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

小樽市、小樽運河とレトロな風景。              2013.7.22

北海道開拓の源流はここ小樽と函館と表現してもよいぐらいこの両市には当時が残され
保存されてます。札幌から近く中国、韓国、台湾からの集客はすごいですよ。
歩いていると東アジアを観光してる錯覚をしますよ。皆さん声が大きいので余計ですね。

フェリーターミナルに寄って見ました。ここから平成13年の東北一周、14年の日本一周旅立ちました。
その時のフェリーが出航で停泊してましたね、懐かしい。

R0015177_convert_20130721153923.jpg

フェリー ライラックの近くで釣りのオジサンが。

R0015179_convert_20130721154033.jpg

小樽運河に久し振りに寄ってみました、レンガ造りの重厚な倉庫群が立ち並ぶ運河沿いは北海道開拓
の玄関口として発展してきました、当時は大きな船を沖に泊め、台船を使って荷揚げしていたが、
取り扱う荷物が多くなり、台船を直接倉庫の近くまで入って行ける水路を造ったのが『小樽運河』なのです。
大正12年に完成し内陸に掘込んだ運河でなく、海岸の沖合いを埋め立てて造られたため、湾曲してるのが
特徴と言われてます。

R0015182_convert_20130721154150.jpg

ほとんどが外国人でした。散策路には63基のガス灯が設置され、運河沿いの石造倉庫群は当時のまま
残されてレストランなどに再利用されてます。

R0015183_convert_20130721154316.jpg

人力車も観光客を待ってました。

R0015184_convert_20130721154549.jpg

北一ガラスを初め多くのお土産屋、レストランなどが古い建物を再利用してレトロな風景
を残してますね。

R0015185_convert_20130721154710.jpg

金魚も観光客を迎えてます。

R0015186_convert_20130721155133.jpg

レトロな風景が続く所です、すごい集客です。歩くの大変な所が有るくらいです。でもあまりお土産の袋持ってる
人少ないのが気になりました。

R0015187_convert_20130721155255.jpg


小樽は港湾の町から観光の町に変わりましたね。札幌の隣町です一度訪問して見て下さい。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/07/22(月) 09:45:50|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小樽市、歴史の風景、ガラス細工、オルゴール堂。     2013.7.23 | ホーム | 札幌市、中島公園を歩く。続報。            2013.7.21>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahi25881939.blog.fc2.com/tb.php/173-c9d87152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR