fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

札幌市、『札幌軟石まつり 2015』開催〜8ヶ所の歴史的建築物が参加〜  2015.6.30

    札幌軟石まつりが6月5日〜6月28日まで開催、数多く有る中から今回は8ヵ所が
    選定され参加されてました。
    札幌市内に点在してますが、全部回ると記念品が出たそうです。
    私は古い物に興味があり、全部見学してきましたが、ほとんどが現在はカフェー、レストラン
    ギャラリーとして活用されてました。

    札幌軟石については一度紹介してます。(採石場中心) 2014,6,7  (リンク)


 『石の蔵ぎゃらりぃはやし』  北区北8西1-1-3
 札幌駅裏東側に、時間の止まったようなカフェー。 建物は石の蔵と、古い木造の建物
 右側は、一階、二階がギャラリースペースで、ミシミシと音をたてる、急勾配の階段を上がる。


R0021140_convert_20150627140634.jpg


 玄関、カフェースペースは、入口から左側、黒光りした建材、建具の古民家。
 時には豆を挽く音と、香ばしいかおりが店内に広がる。


R0021142_convert_20150627140842.jpg


 昔は蔵だったことがわかりますね。


R0021143_convert_20150627141227.jpg


 『Cafe & Bar ROGA』  北区北7西5-5
 札幌駅北口から徒歩5分くらい、ビルの谷間に蔵がある感じでした。
 中に入ると階段で二階へ、まさに蔵の中、本格的な雰囲気なレストランを楽しめます。


R0021135_convert_20150627141825.jpg


 裏側に回って見るとまだまだしっかり、これからも長年活躍しそうですね。


R0021136_convert_20150627142203.jpg


 しゃれた玄関にROGAの店名。


R0021139_convert_20150627142405.jpg


 『サッポロコーヒー館』   豊平区平岸2条6丁目2-27
 このあたり一帯は、かって、リンゴの一大産地で昭和11年に選果場として建てられた
 のが、この石造の建物です。
 役目を終え平成4年より喫茶店として再利用されてるそうです。


R0021144_convert_20150627142734.jpg


 駐車場は一杯、繁盛してるようです。


R0021146_convert_20150627142931.jpg


 向かいの民家も、軟石利用の建物でした。
 現在、個人の民家で札幌軟石利用は少ないと思います。


R0021148_convert_20150627143105.jpg


 『札幌まち家勇崎』  中央区北1東2-4
 一階は広場のように見え、若い人達が何か習いものでもしてるように見えましたが
 確かな事は分かりません。


R0021150_convert_20150627143451.jpg


 昔は青果輸出入問屋だったようですね。
 古い歴史が分かりますね、書き出しが右からですね。


R0021151_convert_20150627143740.jpg


 上部に屋号が残ってます。


R0021152_convert_20150627143959.jpg


 『レストラン のや』  中央区北2東11-23-14
 広い駐車場に、札幌軟石のレストラン。
 札幌市南区で産出する石材で、明治時代から昭和初期にかけて札幌市、小樽市周辺
 の建設資材として用いられてます。


R0021156_convert_20150627144345.jpg


 雰囲気ある店内では本格的洋食が食べられますよ。


R0021158_convert_20150627144802.jpg


 昔の屋号が残ってますね。


R0021157_convert_20150627144934.jpg


 『リトルジュースバー札幌本店』  中央区南4東3-11-1
 北海道初、野菜ソムリエのいるジュースバーだそうです。
 『いちごけずり』は登録商標だそうです。


R0021160_convert_20150627145142.jpg


 二階には屋号が。


R0021163_convert_20150627145337.jpg


 『宮田屋 東苗穂店』  東区東苗穂5条2-11-27
 昭和37年、沼田タマネギ倉庫として建てられました。
 平成9年現在の喫茶店に生まれ変わったそうです。


R0021166_convert_20150627145832.jpg


 店内に有った焙煎機です。 ここだけでコーヒーを味わった気分。


R0021170_convert_20150627145957.jpg


 横にはコーヒー豆の袋が、ブラジル、コランビアといろいろ。
 広い店内、客でビッシリ驚きましたね。


R0021169_convert_20150627150302.jpg


 『プー横丁』  東区北23東22-2-12
 かってこの一帯は日本有数のタマネギ産地で、運搬路はタマネギ街道
 と呼ばれるほどだったそうです。
 平成4年レストランとして再生したそうです。
 店内に置かれた調度品や小物が郷愁をさそいますね。


R0021172_convert_20150627150503.jpg


 玄関です、店長にプー横丁の意味を聞いて見たかった。


R0021174_convert_20150627150632.jpg


 入口を入ると我々世代には、懐かしい物ばかりが目に入る。
 ストーブも懐かしい、昔我が家もこんな形のストーブだった記憶が。


R0021173_convert_20150627151441.jpg


 4万年前に支笏カルデラで大規模な火砕流が発生し、北は現在の札幌市の南区にまで達し
 札幌軟石はこれが固結したのですね。
 大谷石よりキメが細かく適当な硬度があり、柔らかいため切り出しが容易で、軽く保温性
 が良いことから開拓時代から多く利用されたそうです。

 次回は8月7日〜9日 北海道開拓の村で期間は短いですが開催されるそうです。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





     
  1. 2015/06/30(火) 07:48:42|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、初夏の大道公園に涼しさを?〜第66回札幌雪祭りの思い出〜   2015.6.25

                                          2月7日 過去ログ

  第66回札幌雪祭り、暑い初夏に見るのもよいのではないでしょうか、自分だけ納得してるのですが!
  少しの紹介ですが、実はわづかしか作品が無いのです。
  夜のイベントと、花火大会にはカメラ持参はしないと以前決めてたのですがついつい。
  想像した通り、大半は作品に成らない、勉強不足ですね。 もう遅いのかも知れません。


 雪祭り会場に入る前の、駅前通りからテレビ塔方面です。


R0020867_convert_20150621201700.jpg


 歓楽街薄野方面、今の自分には関係の無い地域に
 成ってしまいましたね。


R0020869_convert_20150621201846.jpg


 ライトアップされた、大雪像春日大社。
 大雪像制作には、遠くから雪の運搬、製作と自衛隊の協力があるそうです。


R0020857_convert_20150622101331.jpg


 動画  春日大社のプロジェクトマッピング。  3分22秒


[広告] VPS



 『マニラ大雪像』
 1581年に創建された時から400年以上お時を経た
 アジアで最も古い教会の一つだそうです。


R0020861_convert_20150622101456.jpg


 大雪像『雪のスターウオーズ』


R0020866_convert_20150622101633.jpg


 何かの仮面を表現?


R0020863_convert_20150622101920.jpg


 ここから見る、テレビ塔はひときわ美しく引き立ってましたよ。


R0020875_convert_20150622102639.jpg


 大雪像の裏側に回って見ると、しっかりしてますね。
 コマーシャルのスペースに利用。


R0020853_convert_20150622102812.jpg


 国際雪像コンクールも42回目になったそうです。
 ほんの一部ですが紹介。
 インドネシア作品、カエルかな!


R0020850_convert_20150622102941.jpg


 イタリア作品、冬を表現してるようです。


R0020851_convert_20150622103101.jpg


 動画  『サラブレットの息吹き』  2分36秒
 札幌市桑園に有る、札幌競馬場は1年休場して立派な競馬場が出来たそうです。


[広告] VPS




 ばん馬競技の宣伝、 北海道は昔ばん馬が盛んでしたよ。
 田舎の祭りでも、村、町単位で自信の有る農耕馬で楽しんでた記憶があります。
 
 開拓時代から、祖先達と道産子馬は苦楽を共にいてきた馬達です。
 力強いその姿に勇気をもらい目の前の大きな坂を一歩一歩乗り越えて来たのですね。

 道産子馬も少なくなり、現在は帯広ばん馬場だけになりましたね。
 旭川、岩見沢にも有りましたが閉鎖されましたね。 帯広は黒字経営だそうです。
 コース途中に二つの大きな山があり、重りを積んだ馬ソリで勇壮な姿で乗り越える
 姿が思い出されます。


R0020873_convert_20150622103325.jpg


 賞味期限切れのブログになり、申しわけ有りません。
 今度は、夜のイベントでも数多くの作品紹介出来るよう勉強しときますね。
 多分無理でしょうが、努力は成功の元ですもね、古い言葉(笑)


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





                         
  1. 2015/06/25(木) 10:29:12|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、豊平公園、初春の草花満開の出迎え忘れてました〜4月30日〜  2015.6.20

                                          4月30日 過去ログ    
    前回6月15日の豊平公園『ミニ盆栽と山野草展』ブログ投稿で写真整理
    してると、初春の豊平公園の散歩写真が有ることに気づきました。

    草花は何時見ても、美しい姿と癒しを与えてくれますね。
    これに免じて許してくださいね(笑) 最近は多すぎますね。 
    これも、2~4月にかけての病気療養が大きく関係してますね。一生懸命いい訳です。

  私は豊平公園は札幌市の公園の中でも、好きな方で年に何度か散歩に出かけます。
  白樺林、野草園、樹木園等は自然の姿の中に名の有る草花と雑草と共存してる姿が好き
  雑草に負けそうになると、時々調整してるようです。
  ゆっくり歩いてると、公園で有る事を忘れてしまいそうなそんな公園です。

  りっぱに手入れされた日本庭園風の公園もあり、両方楽しめます。


 東豊線地下鉄、豊平公園前を下車すると目の前が公園です。 無料
 入ると直ぐ、ウメが満開で迎えてくれました。薬用植物として渡ってきたそうですね。
 現在は鑑賞用、梅干し用の園芸品種が多いそうです。


R0021024_convert_20150617113426.jpg


 桜も満開でした。子供連れの親子も満足そう、早いオヤツタイムのようでした。
 今頃桜満開ブログ、二回目の花見に成りますね(笑)


R0021026_convert_20150617113724.jpg


 遊歩道では目立った存在でした、ちょうど見頃、所で名前は??
 ここの公園の特徴、タンポポ、笹などが少し見え共存してますよ。


R0021028_convert_20150617114324.jpg


 暗い気持ちの時は、ここを散歩する事ですね。


R0021029_convert_20150617114617.jpg


 カタクリとエゾエンゴサクの園です。
 今回の大きな目的は、カタクリの満開の姿でした、少し遅かったようでした。
 情報が入った時、直ぐ行動しないと駄目ですね。
 春の進みは、他の季節より変化が早いようです。


R0021030_convert_20150617115207.jpg


 一部満開のカタクリが待っててくれましたよ。


R0021031_convert_20150617132634.jpgR0021035_convert_20150617132907.jpg


 タンポポが有ったり、自然な所がすきですね。
 競演ですね。


R0021032_convert_20150617133128.jpg


 エゾエンゴサク中心の園。


R0021033_convert_20150617133708.jpg


 ヒトリミズカ(ヨシノミズカ)と言うそうです。


R0021037_convert_20150617134222.jpg


 樹木園に入る。 紹介は少ないですがベンチが有ったり夏は良いですね。
 木陰が多い。
 しでこぶし(ひめこぶし)


R0021042_convert_20150617134404.jpg


 整備された庭園です。


R0021045_convert_20150617134720.jpg


 これは、これで落ち着きますね。


R0021046_convert_20150617134945.jpg


 小川を中心に、旨く配置と配色を考えてます。
 季節でまた違ったイメージになるのでしょう。


R0021047_convert_20150617135229.jpg


 カメラを向けてる人が一番多い所でした。


R0021048_convert_20150617135701.jpg


 最後に白樺の森です。


R0021049_convert_20150617140212.jpg


 他に遊具が用意された公園も有り、近くの住民にとっては
 羨ましい公園です。
 中心ぐらいに、緑のセンターが有り草花の手入れ方法等無料で聞く事も出来るそうです。
 庭木、花の販売コーナーも有るよう。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  
  1. 2015/06/20(土) 07:30:41|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、豊平公園緑のセンターでミニ盆栽と山野草展〜花音痴の見学記〜  2015.6.15

    豊平公園でのミニ盆栽と山野草展には、毎年見学しており今年も案内がきました。
    6月12日〜14日まで開催、12日に見学させて貰いました。

    私が北見時代、親友だったM君が大のミニ盆栽好きで自宅を新築したさいには、専用の
    部屋を作った程、数百鉢の盆栽を持ち年間日曜日も暇無しの話を聞いてましたよ。
    30年以上前の話ですが、現在も続けているでしょう。

    鉢替え、根切り、剪定、肥料、水管理、等々私には分からない苦労話を聞いた記憶が
    有ります。 M君から一番簡単な小鉢を1ヶ貰い大事に手入れしましたが、一年でダメに
    してしまいました、それが、数百も有るとは想像もつかない。

  今回の『ミニ盆栽と山野草展』出品者も展示会に合わせ、最高の状態にするため苦労した
  作品ばかりでしょうね。
  そんな目で見てしまいました、ピンセットで手入れする姿が目にうかびますね。
  又、北見のM君を思い出しながらの見学でもありましたね。


 ミニ盆栽と山野草展入り口、緑のセンター隣りでした。


R0021186_convert_20150613110354.jpg


 真拍(上)竜神ツタ(左)コタヌキラン(右)


R0021187_convert_20150613110730.jpg


 小鉢ですが手入れが大変そう。


R0021189_convert_20150613110849.jpg


 黒松(上)岩千鳥(右下)


R0021190_convert_20150613111128.jpg


 真拍(上)カナシデ(左)八房サンゴ菜(右)
 真拍が多いですね、寒さに強いので北海道向きなんでしょうか。


R0021192_convert_20150613111300.jpg


 コアニチドリ


R0021194_convert_20150613111645.jpg


 ギボウシ(ひだり)真拍(中上)アワチドリ(中下)
 イタドリ(右上)ミセバセ(右下)


R0021196_convert_20150613111803.jpg


 真拍(左)ケヤキ(中)コダヌキラン(右)


R0021199_convert_20150613112048.jpg


 黄花姫(奥左)春雨草(奥中)穂先ベンケ草(奥右)
 穂先ベンケ草(前左)光タケキリン草(前右)
 ここの小鉢だけ、他と違った系統で目立ってましたね、私にはそう見えましたね。


R0021202_convert_20150613112515.jpg


 寄せ植えと言うのでしょうか、山の小川をイメージ
 亀、鶴、渓流釣りのオジサンもいましたよ。


R0021204_convert_20150613112656.jpg


 一つ一つ見事な作品でしたよ。


R0021206_convert_20150613112847.jpg


 どの作品も今日が見頃と言う雰囲気です。
 努力したのでしょうね。


R0021207_convert_20150613113242.jpg


 帰り道野草園を歩いて見ました。


R0021185_convert_20150613113640.jpg


 ほとんどは、初春に見頃は終ってました。
 日陰などで何輪かの花を見る事ができましたよ。


R0021175_convert_20150613113841.jpg   R0021178_convert_20150613114158.jpg


 何時ものことですが、花の紹介は出来ませんが。
 日陰で見せてくれた、ニッコウキスゲだけは紹介できますよ(笑)


R0021180_convert_20150613114324.jpg   R0021181_convert_20150613114448.jpg


  ドクダミの集落がありましたよ、子供の頃田舎の家の廻りに有り
  怪我をした時など、親にすりつぶして薬草として使ってた記憶がありますね。
  久し振りに懐かしい、臭いを嗅がしてもらいましたね。


R0021183_convert_20150613114611.jpg


  豊平公園から帰り、写真を整理してると今年の初春、カタクリの花の時期に
  散歩してたのですね。すっかり忘れてました。痴呆症の始まりか(笑)
  時期遅れですが、その内紹介しますね。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2015/06/15(月) 09:55:19|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苫小牧市、太平洋岸辺に戦跡〜トーチカの残骸発見〜         2015.6.10

                                      昨年9月17日 過去ログ

   ここ数日、公私共に忙しい思いをしてます。
   年齢的に公は無いはずでしたが、最近自治会活動で仕事ができ少々忙しくしてます。
   
   そんな事で今日は、昨年室蘭市の戦跡仙台藩陣屋跡(白老)を見学時に情報の有った
   苫小牧市の海岸に先の大戦時の、トーチカが有る事を知り二ヵ所見学後夕方に成りましたが
   トーチカ目指しました、運良く一発で目的の海岸にたどり着く、簡単に書きますね。

 場所はこの当たりだと思います。  町名は元町と記憶してます。


 


 戦後70年、トーチカの風化が酷く天井部分は崩れそう。
 海側を望む、当時もこんな風景で監視してたのでしょうね。
 ここの、大きな目的は千歳方面の防護、敵艦船の監視だったのしょうね。


R0019476_convert_20150610091604.jpg


 海側の銃座です、砂で埋まりそう。


R0019477_convert_20150610092840.jpg


 側面に簡単なドアが。


R0019478_convert_20150610093121.jpg


 海岸を少し散歩して帰る頃には奇麗な夕日です。
 同じ夕日でも、戦時中の監視兵が見る夕日と私が見た平和な時の夕日は
 心に感じるイメージは違うのでしょうね。


R0019480_convert_20150610093319.jpg


 太平洋側のトーチカは、鵡川、浜厚真、広尾町側にも何ヵ所か有るそうです。
 機会あれば訪問したいと考えてます。

 あまりにも、簡単小型のトーチカを見て悲しい感じを持ちましたね。
 私も、二人の叔父がサイパン、中国戦線で戦死されてます。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





   
  1. 2015/06/10(水) 10:41:09|
  2. 苫小牧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、猛暑の季節雪景色の赤レンガ庁舎で清涼感を!正門前木塊舗装保存される。 2015.6.5

   1月16日の過去ログになります、何時ものことですが!
   北海道も例年に比較し気温の高い日が多いですが、報道を見ると本州は大変ですね。
   そんな時期冬景色で清涼感だけでも味わって下さいね、 ただのいい訳ですね。


 雪景色の赤レンガ庁舎


R0020570_convert_20150604150723.jpg


 庁舎内は自由に見学できます、無料。
 北海道の歴史資料の展示が多いです、最近は外国の方も多い。


R0020579_convert_20150604151007.jpg


 広場前庭園も北海道をイメージした作りになってます。
 樹木等


R0020582_convert_20150604155611.jpg


 明治期からですから大木もあります。


R0020583_convert_20150604152104.jpg


 赤レンガ庁舎は札幌駅から近く、市の中心部と言ってよいでしょう。
 札幌に観光の方はほとんど見学されるのではないでしょうか。

 日本三大ガッカリ名所と言われてる時計台より私はよく札幌人ですが行きます。
 後は、高知のはりまや橋と長崎オランダ坂でしたね。


R0020584_convert_20150604152310.jpg


 都会の中心地ですが、こんな憩いの場所もありますよ。


R0020581_convert_20150604152608.jpg


 『ななかまど』の実だけは奇麗な色彩を放ってました。


R0020566_convert_20150604155333.jpg


 道庁正門前から、駅前通りは土木遺産、木塊舗装が保存されてます。
 大正13年に約117㍍を、歩道と車道に分けて舗装をされてます。
 車道は木塊(レンガの形をした木製品) 木塊は道南地方のブナ材を長さ15㎝、巾9㎝,暑さ8,5㎝
 のものを作り、コールタールで防腐処理をしてるそうです。

 昭和5年木塊舗装の上にアスワァルト舗装をかぶせ保存、平成26年歩行空間として
 整備されその上をレンガで舗装され保存が続いてます。
 結局木塊舗装は地下に眠ってる事になりますね。


R0019481_convert_20150604153611.jpg


 建設当時の木塊舗装風景です。
 赤レンガ庁舎も現在とは、少し形が違いますね。


R0020573_convert_20150604153748.jpg


 札幌舗装道路発祥の地として、説明板があります。
 現在の赤レンガ歩行空間が、木塊を敷き詰められていたと想像すればよさそう。


R0020569_convert_20150604153949.jpg


 下から玉石基礎、コンクリート、敷きモルタル、木塊こんな感じのようです。


R0020575_convert_20150604154250.jpg


 一部に硬質ガラスでしょうか、木塊舗装が見られる工夫がされてました。
 これが昔の舗装道路ですよ。


R0020577_convert_20150604154505.jpg


 昨日、今日と札幌は10度台の気温一度脱皮しましたが
 また、着込みました。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2015/06/05(金) 11:03:55|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR