fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

滝野すずらん公園、紅葉に感動〜滝の探索で歩く。 続報。  2013.10.30

28日に続き、滝野すずらん公園の続報になります。
熊が園内に入り約1ヵ月の閉園が続いてましたが、開園に成り歩きに来ました。
今日現在また、熊が園内に入った事が確認され閉園に成りました。私はラッキーな時訪問しましたが
形画されてた方は残念ですね。熊さん早く帰りなさいですね。札幌近郊熊の出没多い。


アシリベツの滝から途中に有った休憩所まで戻ります。


R0016649_convert_20131028153945.jpg


トイレも完備安心ですよ。


R0016650_convert_20131028154628.jpg


休憩所から右に進むと『不老の滝』です。細い遊歩道を進みますよ。


R0016652_convert_20131028154842.jpg


木の間から少し見えて来ました、静かな滝で音は聞こえません。


R0016653_convert_20131028155542.jpg


高さ15㍍ほどの静かに流れ落ちる滝ですね。


R0016654_convert_20131028155333.jpg


紅葉盛りの遊歩道を歩き『白帆の滝』に向かいます。遊歩道に人工の滝が有りました。


R0016655_convert_20131028155806.jpg


歩きながら、秋の花を探してましたが有りましたよ。


R0016656_convert_20131028155942.jpg   R0016659_convert_20131028160049.jpg


これも可愛い滝が見える。『白帆の滝』


R0016665_convert_20131028160709.jpg


小さな滝、でも自然癒してくれます。


R0016662_convert_20131028160935.jpg


遊歩道はセピヤ色の絨毯ですね。


R0016664_convert_20131028161447.jpg


渓流口駐車場まで戻り車で鱒見口駐車場に向かいました。時間が有り健脚の方は歩きでもOKですよ。
『鱒見の滝』に向かいます。この公園の無料ゾーンはほとんど自然のまま公園化してる感じですね。
それが、気持ち良く感じます。


R0016666_convert_20131028161710.jpg


表現のしょうが無い、素晴らしい連続でした。


R0016667_convert_20131028161903.jpg


この場所の紅葉は最盛期の色でした。


R0016668_convert_20131028162049.jpg


猿が木にしがみついてる、そんな風に見えませんか。


R0016670_convert_20131028162220.jpg


この遊歩道では風の通りが良い場所で、落ち葉がヒラヒラと。


R0016674_convert_20131028162631.jpg


感動そのもの!!


R0016675_convert_20131028203456.jpg


一句歌でも、出ませんね。


R0016676_convert_20131028163129.jpg


逢う方皆さん感動で、満足な表情でしたよ。


R0016677_convert_20131028203800.jpg


回りばかり感動で歩いてましたが、山の上も素晴らしい。


R0016679_convert_20131028170454.jpg


距離感を感じ無く、歩いてると着きました。
公園の東側で、鱒見の沢川に流れる『鱒見の滝』です。男性的なアシリベツの滝に対して、女性的
な滝と言われてます。高さは18㍍と大きくないですが、幅20㍍の岩盤を幕状に流れ落ちる姿は夏には
涼しさを感じさせてくれそうですね。


R0016681_convert_20131028164928.jpg


滝の落ち口に太陽で逆光、難しい写真に成りました、腕が上達してません。
光を避け、横から。


R0016683_convert_20131028164744.jpg


横には別の滝も。 


R0016686_convert_20131028165327.jpg


離れた位置から、『鱒見の滝』です。


R0016688_convert_20131028204155.jpg


駐車場に戻りました、かなり歩きましたが満足、疲れてません、又、来年もと思わせる公園ですね。
自然の地形を利用し、人工的な手を加えて無い感じ、そこが良い。 4箇所の滝歩きでしたが、実際には
6つの感じ、風景の違う滝を見ましたね。駐車場前の山も紅葉美しい。


R0016692_convert_20131028204614.jpg


2回に分けたブログ投稿に成りましたが、熊騒動が解決され早く開園成るとよいですね。
落ち葉の遊歩道歩きも良いですよね。今度内部中心の有料ゾーンも歩いて見たい。


紅葉の歌が有りました、紹介せます。





ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。







  1. 2013/10/30(水) 08:47:36|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国営滝野すずらん丘陵公園、紅葉風景全開〜4ツの滝を歩く。   2013.10.28

札幌市から真駒内で支笏湖方面に向かう国道453号線に入ります。
常盤地区で滝野方面に分岐するとまもなくです、ゴルフ場の多い丘陵地帯でした。


場所です。







私は、札幌に来て約20年に成りますが、初めての訪問の滝野すずらん丘陵公園でした。
そこは、紅葉の色彩変化の素晴らしい所でした、そして4ツの滝、今まで見学しなかった事を反省
しながらの歩きでしたよ。北見時代にも美幌、常呂にもすずらん公園の名のつく所有りましたが
規模が小さくすずらんの有る丘程度でした、札幌でもそんなイメージで見学しなかったのでしょう。

滝野は違いました、感動の連続、素晴らしい公園です、疲れを忘れて歩きました。
有料ゾーンと、無料ゾーンが有りますが、滝は全部無料ゾーンでした、滝めぐりが目的でしたから
無料ゾーンで十分時間が掛かる、次回有料ゾーン見学する事にします。

渓流口駐車場を起点にする、ここは400円。入園料は無料ゾーン。鱒見口駐車場はウイクデーは無料
ですから、ここを起点にすればすべて無料ですね。歩く距離は相当長く成ります、健脚むき。

入り口で職員が看板の所まで来て、地図を見ながら親切に効率的な歩き方について説明してくれた。
アシリベツの滝方面から歩く事を勧められる。どれも私には貴重な写真となり2回に分けてブログ
紹介しますね。


この案内板で説明受ける、


R0016615_convert_20131027101804.jpg


アシリベツの滝に向かい、歩きます。もう感動です。


R0016616_convert_20131027102525.jpg


園内には東口駐車場に向かう道路が、風が出ると紅葉の葉がかなり落ちます。
職員はもう数日前が紅葉のピークでしたと説明、私には今がピークに見えた。


R0016617_convert_20131027102328.jpg


アシリベツの滝からの流れ、厚別川が園内を横切ってます。


R0016619_convert_20131027102754.jpg


川に沿って、時には落ち葉を頭に受けながら歩きます。


R0016620_convert_20131027102929.jpg


所々にベンチが用意されてますよ。


R0016621_convert_20131027152624.jpg


札幌近郊に、この風景を楽しめるところあったのですね。


R0016623_convert_20131027103151.jpg


中央の橋を渡ると、白帆の滝です。帰りに寄ります。


R0016624_convert_20131027103843.jpg


紅葉、淡黄色、少し緑も混ざる、感動の連続で進めません。


R0016625_convert_20131027104719.jpg


アシリベツ行き遊歩道に入りました。


R0016626_convert_20131027104512.jpg


コントラストが場所により、微妙に変わる、それが楽しい。


R0016627_convert_20131027105349.jpg


緑が入ると又変わりますね。


R0016628_convert_20131027105608.jpg


『ほうの木』が実をつけてました、初めて見ましたね。大きな葉を着け大きな白い花が咲きますよ。


R0016630_convert_20131027105748.jpg


さらに遊歩道を歩きます。


R0016631_convert_20131027105959.jpg


休憩室が見えました、夏にはジンギスカン等楽しめるようです。


R0016633_convert_20131027110234.jpg


近くには厚別川です。


R0016632_convert_20131027110717.jpg


夏の暑い時はベンチで休憩も。川のせせらぎで涼しくしてくれますね。


R0016634_convert_20131027110928.jpg


外では焼き肉楽しめる設備も。


R0016635_convert_20131027111137.jpg


歩いて来た方です。


R0016636_convert_20131027111340.jpg


もうすぐです。


R0016637_convert_20131027111610.jpg


滝の音が聞こえて来ました、疲れを感じさせません。


R0016638_convert_20131027112517.jpg


着きました、赤い橋の向こうにイメージのまったく違う滝が2ツ姿を見せましたよ。


R0016640_convert_20131027112303.jpg


高さ26㍍で札幌市内では最大級だそうです、水量も豊富で右側の雄滝と左側の雌滝が有ります。


R0016642_convert_20131027112720.jpg


雌滝です。 やさしい感じですね。


R0016643_convert_20131027112946.jpg


水量も多く荒々しい雄滝です。


R0016646_convert_20131027113203.jpg


雄滝の上部、豪快に吹き出してるようですが、川の水量見るとそんなに多く感じませんでした。
紅葉の景色からの滝も良いですね。


R0016648_convert_20131027113418.jpg


明治時代には、林業、農業で開拓された地域でしたがその後人工が大きく減少し、国営の公園
として開拓、開園した歴史があるそうです。
季節により行って見たくなる、公園だと感じました。 次回残りの3ツの滝歩き紹介します。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/10/28(月) 11:10:55|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、豊平峡ダムを歩く、紅葉前線来ました〜素晴らしい。  2013.10.26

札幌から国道230号で中山峠に向かい、定山渓を過ぎると間もなく左に豊平峡の案内がでる。
進むと、左側に豊平峡温泉、札幌岳登山口も有りますよ、まもなく豊平峡ダム駐車場です、無料。

ここからダム湖までは、環境保護の為電気自動車か運行され乗るか、歩くかです。電気自動車は往復600円
歩きはゆっくりで1時間かかりません。私はシルバー割引が有りました。


場所です。





ハイブリット電気バスで出発です。本数は適時出してるようです。


R0016485_convert_20131024143215.jpg


幼稚園の年長組さんは歩き、十勝岳望岳台でも逢いましたが学校教育もいろいろ形画が合って幸せですね。
我々の時代では、考えられ無い。 楽しそうに歩いて行きましたよ。


R0016486_convert_20131024143957.jpg


ダムまではほとんどトンネルです、ダム工事の時は工事用道路だったのでしょう。
トンネルを出ると到着です。


R0016473_convert_20131024145432.jpg


豊平峡ダムは昭和47年に完成、札幌市の水がめ、発電、治水に利用されてます。
札幌市の給水需要量の98%が、豊平川水系で確保されてるそうです。水質が良いので処理が簡単。

バス停からダム湖上流を見てます、良いですね。紅葉も到達してます。


R0016458_convert_20131024145629.jpg


ダム堰堤に向かいます。


R0016459_convert_20131024145815.jpg


堰堤から向かいの断崖絶壁を望む、柱状節理です。季節によりこんなに感動が違うのですね。


R0016460_convert_20131024150151.jpg


観光放水をしてました。堰堤の長さ305㍍,高さ102.5㍍です。


R0016461_convert_20131024150346.jpg


断崖絶壁と紅葉、素晴らしい。絵心あれば残したい気分、これは無理。


R0016462_convert_20131024150921.jpg


反対側の岩山には、見晴し台が有りますよ。遊歩道の山登り。


R0016463_convert_20131024151233.jpg


『水源の森100選』『ダム湖100選』に選ばれてます。 逆光のダム湖です。


R0016466_convert_20131024151545.jpg


豊平峡はダム湖を中心に緑と雄大な自然が素晴らしい、特に秋の紅葉は札幌近郊としては一番。
ダム下流の定山渓方面です。


R0016467_convert_20131024151740.jpg


見晴し台の有る方面をもう一度。


R0016468_convert_20131024151925.jpg


堰堤で放水を真上から、


R0016469_convert_20131024152113.jpg


見晴らし台と反対側の断崖絶壁です、両方見てると沢で頑丈な岩盤の狭まってる所にダムが作られる
事が良く分かります。


R0016471_convert_20131024152508.jpg


堰堤の一番奥まで歩いてきました、山腹のレストランが見えます。


R0016472_convert_20131024152655.jpg


レストランにはケーブルカーで、帰りは歩きですよ。


R0016474_convert_20131024152900.jpg


レストランにはオープンテラスが。


R0016475_convert_20131024153100.jpg


ダム湖です、遠くから見るダム湖も別の感動が有ります。


R0016476_convert_20131024154058.jpg


放水も見える、観光放水とこの場所取り工夫されてます。


R0016477_convert_20131024153906.jpg


レスロランから見晴し台行き遊歩道が有りますよ。


R0016478_convert_20131024155833.jpg


ダム湖バス停まで帰りは歩きです。


R0016480_convert_20131024154538.jpg


楽しそうなオシャベリグループが先を行ってました。


R0016482_convert_20131024154956.jpg


紅葉にも場所により、変化が有りました、風当たりなどで差が出るのでしょうか。


R0016483_convert_20131024155406.jpg


新聞報道では10月一杯楽しめると報道されてました。


季節がら『秋風』の歌紹介します、吉幾三。





『秋風』の意味が違う歌詞のようでしたね。まーいいか。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/10/26(土) 11:49:53|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、定山渓温泉〜豊平川河畔を歩く〜小さな吊り橋。 2013.10.24

10月4日紅葉を期待して定山渓温泉を歩いた、過去ログに成ります。早すぎました。
今年の紅葉は、何処か変です。紅葉を見せてくれる前に落ち葉に成る、日中の気温が高い性でしょうか。
残念、残念と独り言を言いながら歩きました、でも、楽しいもの。新発見も有りましたよ。

定山渓温泉は、1866年『美泉定山』が温泉宿を開き、1918年定山渓鉄道が札幌まで開通して
札幌の奥座敷として発展しました。


札幌から国道230号で中山峠に向かいます。





国道230号から温泉街に坂を下って行くと豊平川です、橋のたもとで定山和尚が迎えてくれますよ。


R0016451_convert_20131022211045.jpg


豊平川岸を上流に向かい歩きます、二見公園です、何時もは猫が多いのですが今日は見かけません。


R0016429_convert_20131022211815.jpg


川辺に下りて見ました、そこは河童渕、何故か定山渓には河童伝説が。


R0016430_convert_20131022212044.jpg


紅葉の期待をこめて上流へ。


R0016432_convert_20131022212252.jpg


紅葉スタートしてる姿有りましたよ。


R0016433_convert_20131022212920.jpg


遊歩道を歩きます、同じ思いの方に珠に逢います。


R0016434_convert_20131022213134.jpg


期待して来た人に『おもてなし』でしょうか、一本だけ見せてくれましたね。


R0016435_convert_20131022213751.jpg


細い沢に入って見ると、札幌飲料水の源流が有りました。


R0016436_convert_20131022214147.jpg


二見岩を巡る遊歩道を歩いてると、小さな吊り橋を渡る。


R0016439_convert_20131022214338.jpg


橋から上流です、秋を感じました、少し感動。


R0016438_convert_20131022214552.jpg


橋から崖を、柱状節理の岩。


R0016440_convert_20131022215021.jpg


吊り橋を渡ると、川辺に下りる細い小道が、そこでの一枚。水の音と風景が合ってます。


R0016441_convert_20131022215652.jpg


川岸から吊り橋を下から見る事に、時々散歩の方が通ります。


R0016442_convert_20131022215852.jpg


人が楽しんでる光景で、自分達も癒されますね。


R0016443_convert_20131022220043.jpg


この川から大きな岩盤が立ってますが、頂上に何か見える、石像か小さな神社でしょうか。
中心地点です。


R0016445_convert_20131022221248.jpg


昼食で温泉街に戻る、何時もはオニギリですが今日は準備が悪い、定山渓ホテルで食事。
定山渓ホテルは、歴史あるホテルのようです、定山和尚の石像もここに有りました。
北海道新聞の『ぶんぶんクラブ』入会してると入浴半額ですよ、500円、私は入ってました。

ハンバーグ定食980円、パンセット500円、両方共コーヒー付きでした。


R0016449_convert_20131023175039.jpg   R0016450_convert_20131023175214.jpg


温泉街中央の橋から下流です。
この地の温泉は古くからアイヌに知られていたそうです、江戸時代には松浦武四郎が旅行中に、川の中
に湧く温泉に入ったと記録が残されてます。 川から湧き出す湯の場所があちこちに有りますよ。


R0016452_convert_20131023175609.jpg


温泉街には岩盤から湧きだす湯の場所が何箇所か有ります、ここは湯の滝。


R0016455_convert_20131023175821.jpg


そこでは、タマゴと網の袋を用意すれば温泉タマゴが作れます。
約20分、半熟タマゴは難しい、タマゴの大きさ、外気の温度で変わります、成功は5割??
今は二組のタマゴが入ってるようですね。


R0016456_convert_20131023180210.jpg


温泉街には3箇所の足湯が有りますよ、歩きながら足湯めぐりも良いですね。
宿泊客は浴衣で散歩しながら、ここは山側の『足つぼの湯』。


R0016448_convert_20131023180623.jpg


湯の滝に有る足湯。


R0016453_convert_20131023180841.jpg


国道230号線沿いの『太郎の湯』


R0016487_convert_20131023181106.jpg


札幌に近く、車旅の方もタマゴ持参で寄って見て下さい。温泉タマゴ作ってる間近くの足湯で
疲れを取るのも良いですね。


北海道は厳しい冬の季節を迎えます。旅ブログも北海道、札幌近郊の日記風に成りますね。

『北の旅人』 石原裕次郎です。





ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2013/10/24(木) 10:18:57|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌オータムフェスト 2013紹介。 9月末閉幕。     2013.10.22

札幌オータムフェスト紹介します。9月末で閉幕されました。次回の参考にして下さい。    過去ログ 9月
北海道各地の市町村が参加した、産業イベントです、盛大ですよ。
食べどころ、飲みどころが大部分で各地自慢の味が賞味できます。

場所は大道り公園です。大道り公園でのイベントは多いですよ。雪祭り、ライラック祭り、花祭り
ビヤガーデン等地方の観光客も楽しみにしてるようです。

大道り公園は、札幌市の中心を東西に横切る長さ1.5㎞にわたって連なる幅105㍍で公園を挟んで北大道り
南大道りの車道から成ってますよ。
北海道開拓時代に防火線として作られたそうです、実際に明治時代の火災では広がりを防いだ事も有った
そうです。 戦時中は野菜畑に変わった歴史も、時代、時代で活躍が違うのですね。現在は観光かな。


市内の位置的には。




会場看板が有りました。


R0016343_convert_20131021112351.jpg


東正面にはテレビ塔。


R0016342_convert_20131021112550.jpg


ここは、ビールテント集団でした。


R0016346_convert_20131021112742.jpg


紅葉の雰囲気ですね。


R0016347_convert_20131021112920.jpg


十勝清水牛ステーキ丼は人気のようでした、列に。


R0016348_convert_20131021113115.jpg


公園の一角に水郷の池が有りますが、この時はオープンテラスの椅子席です。


R0016349_convert_20131021113242.jpg


子供連れは芝生がレストランに、楽しそうです。


R0016350_convert_20131021113426.jpg


何処も大繁盛です。


R0016353_convert_20131021113611.jpg


時たま来た地方の観光客も一緒に楽しんでる人も多い。


R0016354_convert_20131021113918.jpg


道東の旅でお世話に成った厚岸町は焼き牡蠣を宣伝。


R0016358_convert_20131021114207.jpg


ピザも行列でしたね。


R0016359_convert_20131021114806.jpg


私の故郷旭川も参加してました。


R0016360_convert_20131021114944.jpg


道東の旅で摩周道の駅でお世話に成った、弟子屈は新そばで参加、豚丼美味しかったのですが。


R0016361_convert_20131021115112.jpg


別海町はジャンボホタテ焼きで参加、旧奥行臼駅逓所見学を思い出します。


R0016363_convert_20131021115241.jpg


歩くのも大変です、でもイベント祭りはこれが楽しいのです。


R0016367_convert_20131021115411.jpg


夕張市はメロンです、破綻後東京都庁から来た若い市長頑張ってそうです、応援したいですね。


R0016369_convert_20131021134340.jpg


苫小牧はホッキ貝ごはん、ここも列。


R0016370_convert_20131021134532.jpg


ビールはサッポロです。今日のイベントは役得ですね。


R0016372_convert_20131021134733.jpg


空き席が有りません。


R0016373_convert_20131021134907.jpg


道外の飛騨高山が、ただ一軒参加してました。観光宣伝熱心な町です。
今年のオジサン車中泊ぶらり旅では、隣の飛騨金山でお世話になりました。


R0016374_convert_20131021135029.jpg


ほんの一部しか紹介出来ませんでしたが、各市町村の宣伝が大きな目的で歩いてると新しい発見が有ります。
過去ログに成ってしまいましたが、来年の参考に。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2013/10/22(火) 10:27:37|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市手稲区手稲前田、前田森林公園を歩く。紅葉の足音遅い。  2013.10.20

先日、前田森林公園を歩いてきました。
手稲区に成りますが、北区から石狩湾に向かい並んだ位置に成ります。
札幌市の北方面では、百合が原公園に並び大きな公園ですよ、市民が多く憩う公園ですね。
近年パークゴルフ場、焼き肉広場など増設され賑わってます。
冬は歩くスキーや、犬の散歩、時には昔のカンジキ歩行などで楽しむ光景も見ます。

場所は。




石狩湾まで3~4㎞の位置で新川沿いに入り口が有ります。


R0016299_convert_20131019193840.jpg


広い駐車場です、無料。東側にも駐車場が有ります。
木陰に成る所があり、昼時は営業サラリーマンの休憩場所にも。


R0016300_convert_20131019194041.jpg


歩きます、すぐ秋の花が。


R0016301_convert_20131019201737.jpg


何処でも遊歩道の芝生が続きます。オバチャンと孫の散歩、和ませる風景です。


R0016306_convert_20131019202411.jpg


歩いてるとこんな遊びの青年が、ロープを張り綱渡り。木には痛めないよう布が巻かれてましたよ。


R0016310_convert_20131019202902.jpg


ブログでも何度か紹介したオンコ(イチイ)の実(左)とハマナスの実(右)完熟でした。
両方共果実酒を作る方がいますよ、私は味わった事が有りませんが。出来上がりは色が奇麗でしょうね。


R0016291_convert_20131019203111.jpg   R0016297_convert_20131019203236.jpg


運動広場に出ました。若い男女がキャチボール、女性がピッチャー。


R0016309_convert_20131019203410.jpg


除草作業のオジサンが、作業中でした。これで、歩きたくなり又行きたく成るのですね。


R0016304_convert_20131019204035.jpg


東屋も。


R0016307_convert_20131019204914.jpg


野球場も有りますよ、練習中でした。他にサッカー場も。


R0016317_convert_20131019205324.jpg


芝生でワンコと遊ぶご夫婦が、名前はメイちゃん、5月に出逢ったからメイ、3歳だそうです。


R0016315_convert_20131019205614.jpg


ご主人とボール遊び、拾って来ては又投げれと催促してる。
動画撮らせて貰いましたが、何時もの事ですが難しいですね。

動画、 ボール遊びのメイ。 19秒。


[広告] VPS



公園中心地点ぐらいに広い遊歩道が、乳母車でもOKですよ。


R0016320_convert_20131019205957.jpg


公園奥近くまで来ました、庭園が。


R0016322_convert_20131019210345.jpg


種類の違う木、花が。


R0016324_convert_20131019210538.jpg


奥の森では、秋を感じさせてくれる花が、栗も成ってましたよ。


R0016311_convert_20131019211014.jpg   R0016329_convert_20131019211326.jpg


前田森林公園一番奥の休憩設備です、トイレも用意。ここから見る緑は奇麗ですよ。
秋は何処に行ったのでしょう。


R0016325_convert_20131019212120.jpg


休憩室建物の前には、大きな水路(公園ではカナールと表現)が有ります。
改修工事中でした、幅10㍍、長さ200㍍ぐらい有るのかな、鴨がよく来てますね。
遠くに見える山は、手稲山方面に成りますね。


R0016327_convert_20131019212327.jpg


ここを歩けば気分爽快です。


R0016328_convert_20131019212754.jpg


札幌時計台はがっかり名所と言われてるそうですが、前田の時計台はどうですか。


R0016312_convert_20131019212943.jpg


ナナカマドは秋を見せてくれましたよ。


R0016296_convert_20131019214429.jpg


近くにはパークゴルフ場も。J ご夫婦と一緒した事有りました。


R0016290_convert_20131019213544.jpg


ススキも見頃ですね。公園近くでは何処でも見られます。


R0016294_convert_20131019214622.jpg


隣接して市民農園が有ります、小さな区画で契約し市民が楽しむようです。
札幌では民間も含め、所々に有るようですよ、年間6000円ぐらいだったと思います。


R0016336_convert_20131019215542.jpg


『うまそ』健康と収穫、楽しそうで良いですね。高齢者が多いようです。


R0016337_convert_20131019215912.jpg


道東の旅から帰り、過去ログも終りました。北見時代を約35年過ごしましたから、久し振り
に懐かしい旅に成りました、鮭釣り光景も懐かしかったですね。
田舎の露天風呂全部健在でした、嬉しかったね。 中標津の川北温泉は雨で残念でした。
今度、渓流ヤマメシーズン、竿持って行きたいな!!


札幌ブログに戻りましたので、北の玄関口の歌。『北空港』 ケイ、ウンスク。浜圭介。





ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2013/10/20(日) 11:00:48|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

芦別市を歩く、稲穂の実り〜一直線の国道で札幌へ。    2013.10.18

  伊豆大島で大変な災害、言葉が有りません。
  心からお見舞い申し上げます。

美瑛町から芦別市を通り札幌に入る予定でカーナビセットする。               過去ログ 9月
近道の道々70号を案内してる、賢いカーナビと思ってると細道で急な山道に変わる。
さらに、砂利道に、引き返すのも無駄ですよね。後で調べると冬期間閉鎖の田舎道でした。
銀山温泉行きの時と二度目です、たまにすごい所を案内してくれますよ、田舎好きには良いですが。






芦別道の駅に着きました。


R0016274_convert_20131016142003.jpg


大休憩で少し歩いてきました、街並は昔とあまり変わってない、
駅前には大きなオンコの木、枯れた部分無ければ価値有りますが。


R0016273_convert_20131016142657.jpg


近くに『星の降る里百年紀念館』が有りました。北海道は開拓の歴史から、何処の市町村も百年以上
に成ってます。


R0016275_convert_20131016142840.jpg


大きな橋、種類は吊り橋でしょうか。


R0016270_convert_20131016143009.jpg


大きな観音堂と五重の塔が見えて来ました。
以前出来た時は、レジャー施設で宿泊もできると大きく報道された事がありました。


R0016271_convert_20131016143412.jpg


宗教法人 天徳院大観音堂と有りました。観音堂が20階有り各階に観音様がまつられ
お参り出来る様に成ってるそうです。


R0016267_convert_20131016143903.jpg


空知平野に出ました、ここは上川地方と並び穀倉地帯ですよ。9月収穫前のスナップ。
道東は畑作、酪農ですね。道南は両方かな。


R0016277_convert_20131016144056.jpg


豊作確実の風景です、私の実家も稲作農家でした、秋のこの稲穂を期待して春から頑張るのですね。
嬉しくなり、つい写真撮らせて貰いましたね。


R0016278_convert_20131016144413.jpg


国道12号に入り、道の駅『ハウスヤルビ奈井江』に寄り道。


R0016279_convert_20131016144545.jpg


ここです。





国道12号は北海道の中心都市札幌、旭川を結ぶ大動脈ですよ。
美唄市に有る JR の陸橋から滝川市の国道38号との交差点まで日本一の一直線道路です。
店の名前も『一直線』


R0016281_convert_20131016145009.jpg


距離は29.2㎞です、本州では考えられませんね。こんな看板が、もじって(着くに)(292)
最終の滝川でほんの少しカーブしてる所が有ります、これが直線に成れば後数㎞直線なのですが。


R0016280_convert_20131016145136.jpg


道の駅奈井江は、ほぼ中間地点に成ります。こんな道が延々と続きますよ。
北海道開拓は道路が先に出来、その後近くに集落が出来たのですね。ですから比較的
直線道路が多い、本州と逆の歴史なのですね。


R0016284_convert_20131016145302.jpg


国道12号は近くの月形町の樺戸集治監の囚人によって1886年に作られ上川道路と呼ばれた
歴史があります。


 昨日、9時NHKニュースで最近多く聞かれる曲として『ママ』が紹介されてました。
 心を動かせる曲と感じました、一人のお母さんが実名でこの曲を聞くきっかけが紹介されてました。
 ご夫婦記念のカップを、3歳の子供が割ってしまい思わづきつく叱ったそうです。
 それから、子供は何か有ると『ママごめんね』と言うように成ったそうです。
 そんな時この曲に出会い、しぐさ、表情、言葉をもっと聞いてあげなければと感じ涙したそうです。
 最近悲しい事件報道が無く成りますように。

 『ママ』  作詞、作曲。 文月メイ。





ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/10/18(金) 10:45:46|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白金温泉、しら髭の滝〜十勝岳山中の露天風呂、吹上温泉。   2013.10.16

久し振りに白金温泉を歩き、山中の露天風呂を堪能してきました。              過去ログ 9月
白金温泉街もつい歩きたくなる雰囲気に変わってましたよ。

温泉街のほぼ中心に観光案内所が有りました。そこに温泉街を眺めるように石像が。
『鴻上覚一』氏の石像でした。
 白金温泉生みの親で、昭和20年代の町長時代に観光開発を企画
 温泉開発の必要を考え、困難に屈せず地下400㍍の地底から高さ10㍍の大噴湯に成功し
 今の白金温泉に発展したそうです。


R0016243_convert_20131015165420.jpg


観光案内所から歩いてすぐの所に美瑛川、そこに『しら髭の滝』が流れ落ちてました。


R0016237_convert_20131015170755.jpg


橋の上から見るしら髭の滝です、奇麗ですね。


R0016238_convert_20131015173841.jpg


動画 しら髭の滝。 35秒。 あまり良く有りませんが。


[広告] VPS




別角度から、美瑛川も青い池と同じく青いですね。青い池の説明では滝の成分のアルミニューム
が川の成分と混ざりコロイドの性と有るのですが、はたして?


R0016240_convert_20131015174315.jpg


吹上温泉は白金温泉から望岳台に向かい、途中で十勝岳温泉に向かう道路に分岐します。
道は細く成り山中、対向車注意ですよ





こんな感じの所を走ります。動画、 吹上温泉道路。 24秒。 カメラ動画難しいですね。


[広告] VPS




吹上温泉の看板が見えました。


R0016246_convert_20131015174728.jpg


山中ですが広い駐車場が用意されてます、無料、そこから歩きます。


R0016247_convert_20131015175328.jpg


木の間から少し見えて来ましたよ。


R0016248_convert_20131015175538.jpg


無料の露天風呂、脱衣所ですよ。混浴に成りますね。


R0016253_convert_20131015175952.jpg


さっそく堪能、湯船は2箇所、これは上の湯。


R0016251_convert_20131015180348.jpg


下の湯です。奇麗に整理、掃除がされてます、誰か管理してるのでしょうね、ありがたい。
熱い湯、半身浴してると、オジサンが来てこれは無理の表情、湯のホースを外に出し足で『ゆもみ』
草津温泉並みの温度でした。


R0016250_convert_20131015180937.jpg


こんな川の渕傾斜を利用した露天です。


R0016254_convert_20131015181201.jpg


ここの吹上温泉を過ぎて進むと、車も唸る急な坂道を登ると凌雲閣温泉です。
標高1280㍍の天空の露天が楽しめますよ。今回は時間が無くあきらめました。
ここは、高山植物の多い富良野岳、上ホロカメットク山の登山口でも有ります。

 白金温泉久し振りに楽しみました、明治時代には火口付近には硫黄鉱山があったそうです。
 『白金』の名は『この湯は地底から沸いたプラチナ(白金)とも言うべき尊いもの』
 から白金温泉と呼ぶようになったそうです。

 『美瑛』はアイヌ語の『ピイエ』が元で『油ぎった川、濁った川』と言う意味が有るそうで
 後に成り、『美しく明朗で王者の如し』と言う意味の『美瑛』の漢字が当てられたそうです。


動画有ったのですが、編集、変換間に合いませんでした、後で追記しょうかと思ってます。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2013/10/16(水) 10:17:39|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美瑛町、青い池〜すばらしい青。泥流対策で出来た池でした。  2013.10.14

美瑛町から、白金温泉に向かい白樺街道、左側に有りました。              過去ログ 9月
平成元年に出来た池ですが、平成10年頃来てますが、池の存在に気づきませんでした。

広い駐車場が有ります。無料。場所はこの当たり。道々966号上が美瑛の町下が白金温泉そんな感じです。




駐車場からは、遊歩道が整備されており歩きます。


R0016222_convert_20131012161244.jpg


期待の池、姿を表してきましたよ。


R0016223_convert_20131012161426.jpg


状態により青い輝きが違うと聞いてましたが、今日は良い日のようです。感動です。


R0016224_convert_20131012161617.jpg


青い池は、昭和63年十勝岳の噴火に伴い、火山泥流を貯める施設として堰堤を建設したそうです。
完成は平成元年12月で、そこに水が溜まり池ができた。
右手に池を見ながら少しづつ進みます。感動の連続でした。


R0016226_convert_20131012161816.jpg


写真沢山撮りましたが、これ以上カット出来ません。飽きないで見て下さい。


R0016227_convert_20131012162007.jpg


神威岬で積丹ブルーでも、感動でしたがここも素晴らしい。


R0016228_convert_20131012162131.jpg


何故青いのでしょうね。こんな事が書いてありました。白金温泉地区の『白ひげの滝』からわき出している
水にアルミュウムが含まれており、美瑛川の水と混ざるとコロイドが出来、波長の短い青い光が散乱され
やすく青く見えると言われているそうです。
でも、下には『青い池』の水が青く見える明確な原因は解明されてないとも説明、どちらなの。


R0016229_convert_20131012162440.jpg


奥まで、歩いてきました。青い理由不明の方が神秘的で良いかも。


R0016230_convert_20131012162614.jpg


池に写る木と山のコントラストが素晴らしい。


R0016231_convert_20131012162733.jpg


見える一番奥から水はそそがれます。


R0016234_convert_20131012162847.jpg


帰り道、クワガタ発見。大きい。


R0016235_convert_20131012163013.jpg


青い池は、東北の十二湖でも見ましたが美瑛の青い池は素晴らしい。
皆に見て貰おうと観光目的に設計して作った池ぐらい、完成されてる。土木工事で偶然出来た
池とは思われませんでした。


青い池で感動しましたが。美瑛の『星夜の丘』が有りました。 流れ星も。





ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。







  1. 2013/10/14(月) 08:09:14|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美瑛町と十勝岳、望岳台を歩く〜思い出多いところでした。  2013.10.12

道の駅びえい『丘のくら』に車中泊し美瑛の町も歩いてきました。             過去ログ 9月
車で通過した美瑛しか知りませんでしたが、別の町かと思うほどの変貌でした。
駅前道路を中心に、広く区画整備され全部がオシャレ、美的センスの無い私でも感心です。

商店、住宅が全部新しく見える、そして形、色が統一されてる。多分町で企画した事業でしょう。
全国にはこのような町が沢山有りました。北海道では伊達市の商店街の一部に、昔をイメージした
瓦の商店街が有ります。

美瑛も十勝連峰を背景とした、畑の風景、白金温泉、十勝岳等観光に力を入れてるのしょうね。
道の駅は倉庫を改造した石造りでした。車中泊は10台くらい居ましたよ。美瑛の町成功ですね。


道の駅びえい『丘のくら』です。


R0016210_convert_20131011134349.jpg


場所です。





町の探索には、絶好の場所ですね。歩いてきましたよ。
美瑛駅です。 町のイメージ、風景にぴったりの駅ですね。


R0016213_convert_20131011134700.jpg


駅前通りです。


R0016215_convert_20131011134832.jpg


町外れの丸山公園の石像『希望』


R0016220_convert_20131011135458.jpg


道の駅で銭湯を聞いて見ると、有りました。松の湯。町、村単位でも有るもんですね。
道の駅から歩ける距離、ありがたい。


R0016219_convert_20131011135112.jpg


翌日、十勝岳望岳台に。ここは思い出が多い。
15年ほど前に家内と登山、砂礫の多い山道で疲労もピーク、ある尾根でそこを登ると頂上と思った
ところが、頂上はまだ先、しばらく大の字に。そんな事が有りました。


R0016258_convert_20131011135954.jpg


小学生20人ほどの登山、感心して先生に聞いてみると1年生から6年生の全校生徒だそうです。
田舎の学校で、避難小屋までの登山学習だそうです。


R0016256_convert_20131011140152.jpg


生徒も先生も楽しそう、6年生が1年生の手を引く姿も、田舎バンザイですね。
今日は良い光景を見させて貰いました。


R0016257_convert_20131011140321.jpg


望岳台からの遠景です。


R0016261_convert_20131011140628.jpg


20代の頃、友達と山スキーを思い出しました、白金温泉から避難小屋まで歩き、山スキーです。
一日一本しか出来ませんでしたよ。この時豪快な山スキーの初経験でした。当時は泥流スロープと言ってました。
別角度からの遠景です。


R0016262_convert_20131011140758.jpg


大雪連峰の方向に成ります。


R0016266_convert_20131011140913.jpg


場所です。





動画、十勝岳望岳台。 39秒。 画像良く有りませんが。


[広告] VPS



高山植物まだ頑張ってましたよ。


R0016263_convert_20131011141104.jpg   R0016264_convert_20131011141446.jpg


イワギキョウに似てるけど、花音痴です。


R0016265_convert_20131011141620.jpg


15年前の十勝岳登山苦労の頂上からの写真有りました。プリント写真をデジタル化しました、画像悪い。
頂上直下の登山道です、上から見ると近道有るのですね。山の小川も見えます。
この、最後の登りがきつかった、年齢もありますね。直下にはかすかに10人程のパーテーが見えますよ。


CIMG2171_convert_20131011195324.jpg


今日は、思い出の詰まった美瑛町と望岳台歩きに成りました。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2013/10/12(土) 10:55:32|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中富良野町、ファーム富田、早秋まだ花一杯〜秋のラベンダー  2013.10.10

早秋でしたが、まだまだ花一杯で楽しませてくれました。               過去ログ 9月
3回目に成りますが、来るたびに工夫がされて居り、新鮮な気持ちになれます。
秋に咲くラベンダー、楽しませてくれましたよ。 観光客も多い。

入場、駐車場無料。 ラベンダーソフト、ラベンダーオイル、ドライフラワーなど店で工夫されてます。
園からは遠くに、十勝岳を中心に連峰が見事なのですが、この日はわづかに姿を見せてくれただけでした。





大きな駐車場です。目の前にとみたメロンハウスが、ファーム富田の弟さん経営のようです。


R0016183_convert_20131008203258.jpg


ひまわり集団がこちらを見て『おもてなし』


R0016182_convert_20131008203455.jpg


入り口を入ると最初に色とりどりの花が。


R0016184_convert_20131008203654.jpg


花の種類を変えて続きます。


R0016185_convert_20131008203842.jpg


何処からでも鑑賞できるように、傾斜を旨く利用してますね。


R0016186_convert_20131008204035.jpg


花畑前にはお店が並びます。


R0016188_convert_20131008204214.jpg


花壇。


R0016189_convert_20131008204414.jpg


十勝連峰から引いた水が用意されてましたよ。


R0016192_convert_20131008205025.jpg


夏の時期、皆さんを楽しませたラベンターが来年に向け、待機中でした。


R0016193_convert_20131008205223.jpg


園内には、奇麗に色づいたヒメリンゴが。


R0016194_convert_20131008205624.jpg


十勝岳が姿を見せだしました、待ってるが、これ以上は!!!


R0016196_convert_20131008205834.jpg


園内のバイクもラベンダー色。ドライフラワーのお店は感動ものでした。


R0016197_convert_20131008210022.jpg   R0016205_convert_20131008210223.jpg


ハマナスも集団に成ると奇麗です。何時もは小さな花畑しか見て無く、広い景色の花畑はまた
違った感動をしますね。


R0016200_convert_20131008210618.jpg


ラベンダーは諦めてましたが、有りました。秋のラベンダー有るのですね。


R0016201_convert_20131008210849.jpg


白も有るのですね。


R0016202_convert_20131008211111.jpg


ピンク集団です。


R0016203_convert_20131008211459.jpg


花壇を下から。


R0016204_convert_20131008211840.jpg


ドライフラワーのお店です。 見事の言葉しか有りません。


R0016207_convert_20131008212042.jpg


下からの花壇です。


R0016208_convert_20131008212404.jpg


ローカル列車がファーム富田前で止まりました、停留所が有るようです。(ラベンダー畑駅)
十勝岳が少しだけ。


R0016209_convert_20131008212603.jpg


ラベンダーオイル工場など、見所はまだ有りましたよ。一番高い所にはレストランも、十勝連峰
を眺めながらの、食事も良いですね。

美瑛の丘ですので、『大空と大地の中で』 松山千春。





 道の駅美瑛で車中泊予定です。

ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。







  1. 2013/10/10(木) 08:43:55|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕別町公園〜帯広駅前十勝マルシエ〜南富良野を歩く。     2013.10.8

浦幌町道の駅で車中泊し、国道38号で帯広方面へ、この方面は初ドライブに成る。       過去ログ 9月
道東地方独特の、牧畜、畑作風景が続きます。進にしたがい、豊かさと暖かさを感じる集落
風景に変わったように思いました。

田園風景の中走ってると、気持ち良い町風景に入る、幕別町でした。大きな公園が有る。
歩きたくなる風景、休憩タイムです。 幕別町はパークゴルフ発祥の地として有名に成りましたね。

十勝教育研修センター横の大きな公園でした。集落と田園風景につながる羨ましい場所です。


R0016154_convert_20131006164949.jpg


場所です。






歩いて来ました。公園独り占め。


R0016143_convert_20131006165154.jpg


奥には研修センター。


R0016144_convert_20131006165543.jpg


歩いてると、懐かしいガマの穂一杯の川が。


R0016147_convert_20131006170004.jpg


ゴルフ場並みに整備されてます。予算が出る町なのですね。


R0016148_convert_20131006170509.jpg


鴨の集団が、広い公園遊び放題です。


R0016150_convert_20131006171114.jpg


ここにも。


R0016151_convert_20131006171424.jpg


広い公園、逢った人は一人でした。


R0016152_convert_20131006171645.jpg


奥に見えるのがトイレです。一台の軽自動車が突然歩道から、公園の遊歩道を通りトイレに向かう。
当然車進入禁止、見てるとトイレの掃除のオバサン二人でした。
おおらかな町です。


R0016156_convert_20131006172135.jpg


元気回復帯広へ。 帯広駅前では十勝マルシエのイベント中でした、ラッキー。


R0016158_convert_20131006172521.jpg


駅前広場は出店で賑わってます。


R0016159_convert_20131006172921.jpg


余興の舞台も用意されてます。


R0016165_convert_20131006173105.jpg


小学生の一輪車が始まりました。一生懸命練習したのでしょうが!!  良い経験してますよね。


動画、 一輪車、頑張れ。  27秒。


[広告] VPS



駅前です、キャリーケースの旅行者も楽しんでましたよ。


R0016166_convert_20131006173410.jpg


幼稚園児のバトントワリングが、可愛い。

動画、 バトントワリング、 1分。


[広告] VPS



駅前広場の石像です。
帯広十勝を象徴して、たくましい開拓精神を表現し『大地』と名付けらてます。


R0016167_convert_20131006173621.jpg


大きいお姉さん達のチヤガールが始まりました。 動画、チヤガール、 38秒。


[広告] VPS



出店の豚丼賞味して帯広を後にしました。良い日に来ました。


R0016170_convert_20131006173924.jpg


十勝国道、狩勝高原を通り一気に上川地方に入りました。年ですね疲れました。
道の駅南ふらので、大休憩です。


R0016171_convert_20131006174056.jpg


場所は。





道の駅には、やはり農産物が多いですよ。北海道には熊です。
右側、ツキノワグマのようですが、北海道はヒグマですね。おまけかな。


R0016173_convert_20131006174247.jpg


元気に成ると、歩きたくなります、集落の公園を歩いて来ましたよ。


R0016175_convert_20131006201003.jpg


秋が見えて来ましたね。


R0016176_convert_20131006201231.jpg


ここも広い公園です。


R0016177_convert_20131006201721.jpg


池です。あまり費用を掛けれない町かな。


R0016178_convert_20131006201952.jpg


盆栽風に設計された小高い公園も有りましたよ。


R0016179_convert_20131006202203.jpg


ゆっくり、休憩させて貰いました。車中泊予定の美瑛に向かいます。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/10/08(火) 10:05:02|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釧路市、和商市場を歩く。〜 浦幌町。           2013.10.6

釧路市を歩くのは25年ぶりかな、北見時代以来です。                     過去ログ
その時、阿寒町に廃坑になった、徹別炭坑が有りましたが、遠回りして寄った記憶が有ります。
当時は、映画館、体育館、病院、炭坑設備の一部がガレキ状態で残ってました。
炭住街だった所、坑道跡など随分歩いた事を覚えてます。 今はどうなってるのかな〜


久し振りの釧路駅に成りました。


R0016130_convert_20131005150156.jpg


昔食事をした所など、懐かしく歩いていると、スーパー十勝の発車ベルが。
つい、シャッターでしたが分かりづらい写真に。  JR 北海道も大変な時期ですが、外部から言われる
前に、自ら行動し、本社を含めもう少し現場主義が必要と思いますが。 道産子の一人として頑張ってほしい。


R0016132_convert_20131005150603.jpg


駅前には立派なイチイの木が(オンコとも言います)


R0016131_convert_20131005150801.jpg


場所です。





和商市場まで歩きました。和商市場の駐車場は無料ですが、提携駐車場は有料ですよ。


R0016133_convert_20131005150926.jpg


店内です。かなりの混雑です。地元の台所に成ってるのかな。私には観光客に見えましたが。


R0016120_convert_20131005151208.jpg


魚党には、たまらない市場ですよ。肉党の私でも目が定まらない。


R0016121_convert_20131005151514.jpg


見るだけでも楽しく成ります。札幌の二条市場もこんな感じですね。


R0016123_convert_20131005151653.jpg


キングサーモン。これには驚きました。 15000円。 美味しそうですね。


R0016125_convert_20131005152016.jpg


花咲カニさんです。 私は毛蟹党ですが。
どんなに、うるさい集団でもカニを食べる時は静かに成るそうですよ。美味しい時の表現ですね。


R0016124_convert_20131005152151.jpg


勝手丼の看板が。 ご飯、魚達を自由にセットできる仕組みです。


R0016126_convert_20131005152344.jpg


近くに有った、出来上がりのミニ海鮮丼です。 500円。


R0016128_convert_20131005152527.jpg


勝手丼で、好みのセットです。 1000円に成りました。 皆さんはどうしますか。


R0016129_convert_20131005152700.jpg


釧路を離れ国道38号で帯広方面へ、車中泊予定地の道の駅しらぬか恋問を目指す。
帯広までは、初めてに成るドライブコースでしたが、何故か寂しい風景に見える。
旅をしてると時として、こんな事が有ります。  道の駅しらぬか恋問到着です。


R0016134_convert_20131005152827.jpg


駅裏の海岸。天候も有りますが何か気分が乗らないそんな風景。
パスして浦幌町まで走ることにしました。 途中で探索したい所が二箇所有りました。
厚内地区のオタフンベチャン跡と、十勝オコッペ遺跡でした。資料には有ったのですが分からない。
訪ねる民家も無い、役場は遠い。 諦めました。 残念。


R0016135_convert_20131005153247.jpg


浦幌町に入りました、 道の駅うらほろです。国道から離れた小高い所でしたよ。


R0016140_convert_20131005153710.jpg


場所です。






落ち着ける駅、車中泊も多いようでしたね。ゆでとうもろこし美味しかったよ。


R0016141_convert_20131005153816.jpg


浦幌の町歩いて来ました。 浦幌駅です。駅は町の玄関口と言いますが整備されてますね。


R0016139_convert_20131005153550.jpg


近くに温泉は有りませんが、町中に銭湯がありましたね。 健康湯。


R0016137_convert_20131005153940.jpg


天候が悪く、小雨模様でしたが良ければ道の駅近くには公園も有りました。
観光客が寄り道したり、買い物したりする立地に、何が必要かを感じた一日でした。


ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/10/06(日) 09:37:12|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釧路湿原細岡展望台、釧路川のカヌー、釧路湿原駅まで歩く。 2013.10.4

厚岸道の駅から国道44号で、釧路湿原細岡展望台を目指す。
細岡展望台の反対側になる、温根内方面の釧路市湿原展望台には、何度か来てました。
細岡展望台からは、湿原の中を蛇行しながら流れる釧路川が目の前でした。
又、釧網本線が並行して走り、観光列車ノロッコ号も運行されてます。

国道44号から、細岡には途中から分岐、田舎道をしばらく走りましたよ。

突然予想もしてなかったカヌー乗り場を目にする。寄って見る事に。
釧路川の蛇行した、ゆっくりな流れの川岸で皆さん指導を受けてる所でした。


カヌー乗り場の看板で気づきました。


R0016099_convert_20131002155351.jpg


釧路川の上流に成ります。


R0016101_convert_20131002161311.jpg


下流です。 離れた所から見てるとゆっくりの流れですが、近づくと早い。


R0016100_convert_20131002161432.jpg


10人ぐらいでしょうか、若い人が大半ですが高齢の方も居ましたよ。


R0016102_convert_20131002161559.jpg


下流に向かいスタート、 帰り大変そう。


R0016103_convert_20131002161721.jpg


楽しそうですね、 乗って見たい。


R0016104_convert_20131002162036.jpg


細岡展望台入り口です。広い駐車場が有りました。 無料。


R0016105_convert_20131002162410.jpg


場所です。





展望台から湿原です。あまり天候よく有りませんね。


R0016108_convert_20131002162828.jpg


蛇行した釧路川見えますね。


R0016109_convert_20131002162954.jpg


釧路市方面に成ります。


R0016110_convert_20131002163117.jpg


天候悪く、またカメラ動画で良く有りませんが雰囲気だけでも。

動画、 釧路湿原。  25秒。


[広告] VPS



ビジターラウンジに戻り、休憩。
湿原の風景や花々の写真等楽しめますよ。 軽食、喫茶コーナーも。


R0016111_convert_20131002163555.jpg


釧路湿原駅まで遊歩道が整備されており、歩く事に。


R0016118_convert_20131002164017.jpg


山の下に見えてきました。


R0016117_convert_20131002164248.jpg


釧網本線の釧路湿原駅です。 釧路、網走間の鉄道に成ります。


R0016112_convert_20131002164727.jpg


新しい駅ですね。別角度から。


R0016113_convert_20131002165133.jpg


案内板です。 前後の駅は細岡駅と遠矢駅です。


R0016115_convert_20131002165515.jpg


無人駅です。ホームに出て見ましたよ。遠矢方面です。
観光列車ノロッコ号が釧路、塘路間で運行されてますよ。
湿原を眺めながら、鶴に出逢うかも。


R0016116_convert_20131002165700.jpg


細岡方面です。


R0016114_convert_20131002165905.jpg


遊歩道の山道を戻ります。整備されており歩き易い。


R0016119_convert_20131002170116.jpg


以前、釧路川の上流域で蛇行した川を直線化した所で湿原の植生が変わったとのニュースを見ました。
又、元に戻す工事をしたそうですが、今日蛇行した釧路川とそこでカヌーを楽しむ姿を見て、自然を
守るには、必要最低限の手しか加えてはならないと感じました。
湿原の植物も、魚も、鶴も、そこを訪れる観光客も楽しめます。


 釧路湿原の歌。  水森かおり。





ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。






  1. 2013/10/04(金) 00:04:55|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道立公園厚岸町、道の駅が展望台、グルメとミニ水族館。   2013.10.2

別海町から霧多布を予定してましたが、天候悪く直接厚岸に来ました。
記事も写真も少ないですが、道の駅厚岸グルメパークは町、厚岸湖、厚岸湾を一望出来る
展望台のような所に位置してました。退屈は無く、車中泊させて貰いました。


場所は。




厚岸道の駅です。道立公園の看板が。


R0016097_convert_20131001195341.jpg


道の駅裏から厚岸湾方面です。眺望が良く散歩する人が多いです。


R0016096_convert_20131001195528.jpg


高い所から町と厚岸湖です。白鳥飛来地でもありますよ。


R0016094_convert_20131001195836.jpg


道の駅には、最上階に展望室が用意されてました。厚岸大橋が良く見えます。
天候良ければ、愛冠岬、あやめガ原等に大橋を渡り観光するのですが。


R0016083_convert_20131001200230.jpg


展望室から厚岸湾です。ガラス越しです。


R0016082_convert_20131001200358.jpg


道の駅厚岸グルメパークは、レストランエスカル、炭焼き炙屋、喫茶コーナー、魚介市場等
が、待ってました。弟子屈の豚丼を思い出しオーダーしてしまいました。
厚岸は牡蠣ですよね。食べてから反省です。


R0016080_convert_20131001200548.jpg


道の駅に水族館が有りましたよ。厚岸湖、厚岸湾に生息する貝類、海水魚をはじめ淡水魚も居ました。
道東に多いイワナです。


R0016084_convert_20131001200745.jpg


大きなカレーでした。


R0016086_convert_20131001200930.jpg


住み良い場所取りなのか、遊びなのか戦い中でした。


R0016087_convert_20131001201116.jpg


この後宙返りを見せてくれましたよ。


R0016088_convert_20131001201308.jpg



カレーを見て、昔、浜厚真(苫小牧の近くです)の船釣りで43㎝のマガレイを釣った事思い出しました。
写真有りました。平成8年6月でした、プリント写真をデジタル化したものです。


CIMG1503_convert_20131001202940.jpg


厚岸町に風呂屋さん有りましたよ、町でも探すと有る事多いですね。


R0016089_convert_20131001201453.jpg


朝散歩してると、道の駅裏で自伝車旅の青年2人が爆睡中でした。
夜中に着いたのでしょう、頑張れ青年ですね。


R0016091_convert_20131001201632.jpg


2回目のYou Tube 動画挑戦です。 歌手は山内惠介です。
北海道 STV テレビに良く出てます。 全国区を目指し頑張ってる若手です。
『風蓮湖』





風蓮湖は厚岸に近く、根室方面に向かいます。
場所は。





以前ここに来た時、丁度牡蠣祭りで焼き牡蠣と、牡蠣弁当を食べた事思い出しました。

ブログランキング、バナー下です。クリックよろしくお願いします。





  1. 2013/10/02(水) 07:49:32|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR