fc2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

江別市、旧ヒダレンガ工場が〜総合商業施設『EBRI』としてオープン。    2020/9/30

        江別近郊は、昔からレンガ産業が盛んな地域。
        昔は旭川近郊で、水はけの悪い水田の暗きょに使われた記憶がある。

        ここ、旧ヒダ工場跡は、紆余曲折の歴史があったようだが商業施設に
        生まれ変わった。

        施設名『EBRI』(エブリ)はEBETSU(江別)とBRICK(レンガ)の造語。
        過去にレンガを生産した土を原点に、今は小麦、野菜、酪農製品など食文化が
        EBRIに集められていた。

        旧ヒダ工場は、明治24年肥田房二氏が土管の製造を始めた、平成10年廃業。
        平成28年エブリがオープン。
        平成31年国の登録有形文化財に登録される。


 江別市野幌駅、


R0029432.jpg


 左に曲がり歩く、さすがレンガの街。
 レンガの利用が多い。


R0029433.jpg


 EBRI到着です、隣りの公園から。


R0029435.jpg


 正面入り口。江別市東野幌町。
 野幌駅から歩いてすぐ。


R0029445.jpg


 裏側に回ってみた、レンガ工場時代の煙突でしょう。


R0029437.jpg


 大きな工場だった事が想像できます。
 存続に紆余曲折があった時、江別市が工場、建物を取得保存したそう。
 貴重な物が残りました。


R0029438.jpg


 物置もレンガです。


R0029441.jpg


 店内の様子を少し、ここは食料品。


R0029447.jpg


 海の幸もありました。


R0029448.jpg


 EBRIの勲章。
 歴史的価値観に気づいたのですね。


R0029439.jpg


 曜日により、キッチンカーも多く集合だそう。
 集客の多さが分かります。


R0029444.jpg


     見学しながら若き頃を思い出したことがありました。
     昭和40年代前判、レンガ製造焼成炉とレンガの勉強で愛知県西尾市
     に長期出張の経験でした。西尾市は築炉業者の多いところ。
     仕事の関係で、大型発電ボイラ、ライムキルン等で耐火レンガを
     多く使っていた。

  1. 2020/09/30(水) 07:55:45|
  2. 江別市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

江別市郷土資料館。冬季ロビー展『冬の暮らし展』。暖房器具の展示。   2020,6,10

        苗穂まで用件があり、JRで行く。
        久し振りに江別市まで、足をのばした。

        以前第三小学校レンガ円形校舎の閉校を聞き来たことがあった。
        この地方はレンガ生産の多かった地区。

        江別郷土資料館によってみた。
        『冬の暮らし展』開催中でした、暖房器具の展示。
        2019,12,15〜2020,3,21までの企画。

        3月5日〜末まで新型コロナウイルスの関係で閉館の報道がありました。
        江別市で4名の感染者報道。


 江別駅、まだ雪の季節でした。


R0029090.jpg


 駅前の水道局庁舎、やはりレンガの街です。


R0029089.jpg


 王子エフテック江別工場、工場本館は見えませんが大きな工場です。
 製紙関係の会社。
 工場の向こう側は、大雪山を水源とする石狩川です。


R0029092.jpg


 レンガ造りの蔵でしょうか。


R0029093.jpg


 江別市郷土資料館到着です。
 この地方は、札幌市に近いですが積雪は多い。


R0029094.jpg


 資料館も一部レンガ。


R0029095.jpg


 一階フロアー展示、正面にひな人形。
 右側にストーブ展示。


R0029097.jpg


 珍しいストーブもありました。


R0029098.jpg


 フクロクストーブ(左)とルンペンストーブ(右)
 フクロクストーブは国産初の貯炭式ストーブ、大正14年札幌
 の鈴木豊三郎商店が発売


R0029100.jpg


 ルンペンストーブ内部。
 半分くらい石炭入れ上から着火します、燃え切ると別のと交換しました。
 したがって、二つ必要でした。このストーブは昔良く見ました。


R0029107.jpg


 薪ストーブ(左)ダルコストーブ(中)地球形ストーブ(右)
 地球形ストーブはタコストーブとも呼ぶ、明治から昭和40年頃まで
 鉄道客車で使用、最初は寸胴ストーブだった。


R0029101.jpg


 カスタマストーブ。
 貯炭式、大正15年に『八千代ストーブ』として発売。


R0029109.jpg


 火ばちと鉄釜。
 火ばちは陶磁器が多い、北海道ではあまり見かけませんでした。
 鉄釜はご飯を炊きましたね。


R0029111.jpg


      煙突の所に湯沸かしをつけて、煙突の熱を利用してましたね。
      江別資料館には有りませんでしたが、籾殻と石炭を混ぜて利用した
      ストーブも有りました。
        
  1. 2020/06/10(水) 07:42:04|
  2. 江別市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (42)
旅行 (10)
札幌 (306)
北海道 (143)
北海道大学 (20)
大通公園 (14)
駅逓所 (16)
時計台 (7)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
群馬 (2)
栃木 (1)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)
自然 (4)
芸術 (2)
歴史 (3)
江別市 (2)
美術 (1)
旭川市 (2)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR