FC2ブログ

オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

札幌市 白石区に『世界のまくら博物館』木、陶製、革、1360個眠りの歴史。   2020,1,22

        白石駅から徒歩10分ぐらいの所に、白崎繊維工業。
        寝具製造販売の大きな会社。

        会社ビル4階フロアーに、世界のまくらが所狭しと並んでた。
        その数1360個、創業者が生前50年かけて骨董市などで収集したそう。

        木枕、陶枕、折りたたみ式の木製の旅枕、革枕等々。
        一階事務所で見学と写真撮影をお願い、女性事務員に案内していただいた。

        ※ 余談。

        北海道の地名、河川名などはアイヌ語由来が多いですが、白石区は明治4年
        戊辰戦争で敗れた、仙台藩の白石城主の家臣が移住したことから地名が白石に。

        北海道には、このような地名が何箇所かあります。
        北見市近郊の、置戸町、秋田。  佐呂間町、栃木。 常呂町、岐阜。
        伊達市、宮城県より伊達氏移住。 空知地方の新十津川町。 北広島市。
        札幌市近郊の手稲、山口。

 白石駅下車、新しい駅です。 函館本線、千歳線駅。

R0028293.jpg


 駅から徒歩10分。
 白崎ふとん店、4階に世界のまくら博物館。

R0028295.jpg


 事務所で許可を得て、4階に案内していただいた。

R0028296.jpg


 4階フロアーすべて枕、日本、外国含めて1360個。

R0028320.jpg


 まくらが一杯驚き、どうやって収集したのでしょう。
 大正時代以前の枕。

R0028311.jpg


 木枕、江戸から明治期。

R0028298.jpg


 上段、韓国木枕。

R0028300.jpg


 エチオピア、木枕。 外国まくらどうよって収集したのかな?
 高くて、首が痛く成りそう。

R0028301.jpg


 ケニヤ、木枕。 エチオピヤに似てる。
 下段右端の、鳥居のような枕は、狩りの道中土に挿して使われる。

R0028302.jpg


 タンザニヤ、木枕。

R0028303.jpg


 コンゴ共和国、木枕。
 台座部分に人の彫刻が。

R0028304.jpg


 非常持出兼用枕、枕の中に貴重品入れたのでしょうね。

R0028308.jpg


 陶枕、童子枕は子宝祈願に使われた。

R0028309.jpg


 日本の陶枕、明治〜昭和初期。
 どんな家庭で使われたのでしょう。

R0028313.jpg


 草枕、北海道アイヌ。北海道沼地で見かけるガマを使用。

R0028314.jpg


 革枕、中国。

R0028316.jpg


 江戸時代日本の木枕。
 高さが15㎝と高いのは、まげを保護。

R0028318.jpg


 江戸時代、旅枕。 木製、折タタミ枕。

R0028322.jpg


 江戸時代の枕売の図。

R0028324.jpg


     自分が子供の頃は、モミガラ枕でした。
     事務所裏には、綿加工工場が併設されてる。
     
        
  1. 2020/01/22(水) 07:37:20|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第71回札幌雪祭り2月4日〜2月11日。雪不足の中関係者の努力と工夫で準備進む。 2020,1,19

        今年の札幌積雪は、現在15㎝だそう・・・。
        平年は50㎝はある。

        例年定山渓から雪を確保してるが、今年は遠方から運搬。
        中山峠越えや、旭川方面の奈井江から確保してる報道がある。

        大通会場は1,5㎞にわたり雪と氷の世界。
        すすきの会場は氷像中心、さとらんどは親子で楽しめるすべり台など雪とふれあい。


 テレビ塔に向かって。
 スノーボード会場足場設営です。


R0028808.jpg


 大型ダンプで雪輸送。
 遠方だと一日3往復しかできないそうです。


R0028806.jpg


 大雪像製作光景。


R0028803.jpg


 ダンプの雪を重機で積み上げ。


R0028804.jpg


 大型雪像は、何基かこれに続き制作されます。


R0028807.jpg


 重機が総動員です。


R0028805.jpg


    大雪像は例年自衛隊が制作。
    小雪像は、市民、グループで制作。
    今年は雪確保の苦労を感じながら鑑賞しなければ****。

  1. 2020/01/19(日) 07:27:09|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エルムの森公園紅葉、元は北海道大学の農場。K435遺跡、擦文時代の土器。   2020,1,15

        札幌市北区のエルムの森公園。
        平成5年に完成した、都市形公園としては広い。

        自分がこの地区に生活したのは翌年、植樹は幼木だった。
        遊具、水路があり子供達の遊ぶ姿も多い。

        平成14年地区住民の要望で、外周にパークゴルフ場ができました。
        公園は、北海道大学第2農場として使われていた場所。

        ここは900〜1300年前の擦文時代、すでに人々が生活していた。
        K435遺跡として発掘されている。
                                     昨年晩秋の記録。


 エルムの森公園。


R0028352.jpg


 K435遺跡発掘の案内板がありました。
 東北地方の土器の発掘もあり、交流があったのですね。


R0028673.jpg


 遊具も完備。


R0028365.jpg


 外周のパークゴルフ場、高齢者の利用が多い。
 無料。


R0028361.jpg


 ワン子の散歩、時々ワン子の井戸端会議光景見かけます(笑)


R0028362.jpg


 イチョウ並木。
 色づきがいろいろですね。


R0028356.jpg


 もみじは少し落葉。


R0028354.jpg


 緑、黄、赤の癒し。


R0028355.jpg


 外周の遊歩道。


R0028360.jpg


 小山もあります。
 冬季は、子供のスキー、ソリの遊び場。


R0028359.jpg


 みごとな赤。


R0028364.jpg


 小鳥が食事中でした。
 写真を見ると、姿なし。ドジです。


R0028363.jpg


      擦文時代の地、当時はどんな生活だったのでしょう。
      思いがよぎります。
      発掘から、小さな小川があり石狩湾が近く鮭は重要な
      食料だったでしょう。

        
  1. 2020/01/15(水) 08:19:29|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道大学、恵廸寮まつり。寮壁面『ツタ』の紅葉。構内の原生林。     2020,1,8

        札幌市内から、バスで帰宅時いつも眺めてた恵廸寮。
        壁面のツタが見事に紅葉をむかえた昨年末、恵廸寮まつりで開放された。

        恵廸寮は日本三大自治寮の一つ。
        完全に自治会運営で、約400人以上の男女が生活している。


 恵廸寮門壁、植物に覆われ複雑な気持ち。


201610hokudai-keitekiryou00.jpg


 正面玄関、6棟が放射状に連結されてる。
 あまりにも雑然としており、残念な気持ちになる。


R0028514.jpg


 正面玄関横で見た、工作物。海賊船でしょうか。


R0028517.jpg


 卒業生個人の記念碑があった。
 何でも自由のよう!!


R0028512.jpg




 第100回恵廸祭記念壁画。


R0028500.jpg


 この寮のツタはこれから生長ですね。


R0028501.jpg


 きれいに紅葉。


R0028503.jpg


 寮のまわりには、廃棄自伝車、バイクが多くみかけた。
 生活用品も多い事から、卒業生が放置していくのか?


R0028504.jpg


 奇麗ですね、きれいを見るのは楽しい。


R0028507.jpg


 寮と手前の木にも、ツタの紅葉。


R0028511.jpg


 観光客が見学するポプラ並木とは別に、恵廸寮近くにもポプラ並木。
 平成のポプラ並木と呼んでるそうです。


R0028519.jpg


 恵廸寮の前身、寄宿舎跡の碑。
 明治9年に寄宿舎がはじまり、明治40年に恵廸寮となったそうです。
 この場所にあった旧恵廸寮は北海道開拓の村に移設されてます。


R0028520.jpg


 旧恵廸寮の有った場所は、恵廸の森と言われ今も自然が残ってました。
 かっては原始林とも呼ばれてたそうです。


R0028527.jpg


 旧恵廸寮です、現在は開拓の村。


旧恵廸寮

    構内には、竪穴住居跡も発掘公開されてます、恵廸寮の近く。
    感動とがっかりと複雑な一日でした。


        
  1. 2020/01/08(水) 08:07:35|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、

イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
日記 (43)
旅行 (11)
札幌 (293)
北海道 (154)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
栃木 (1)
群馬 (2)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (5)
苫小牧 (1)
自然 (2)
芸術 (2)
歴史 (1)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR