オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

札幌市、北海道庁旧本庁舎、重要文化財〜道民は赤れんが庁舎と親しむ。  2017,7,26

     先日、市中心部まで用件あり久し振りにアカレンガ テラス前通りに寄って見た。
     赤れんが庁舎に向かい何か、にぎやかでイベントが有る雰囲気。

     久し振りに道庁旧本庁舎を、見学して見た。
     道民からは、赤れんが庁舎の愛称で親しまれています。

     庁舎内は、以前から展示内容も少しかわり工夫が多くなされてました。
     一番の変化は、外国人の見学者の多くなった事に驚きです。


 道庁旧本庁舎前は、駅前通りまで歩行者天国です、通年ですね。
 この日は水に関するイベントが有ったようです、私は赤れんが庁舎が目的でほとんど素通り。


R0024088.jpg


 オープンカフェーも。


R0024085.jpg


 暑い日で、アカレンガ テラス通りには二ヶ所に
 ミストシャワー『涼しい』 みんな笑顔。


R0024086.jpg


 くつろぎのひと時、外国人が多い。


R0024087.jpg


 北海道のイメージにあいますね。
 札幌市の中心部に有るのも良い。
 この赤れんが遊歩道下には、札幌舗装道路発祥となった『木塊舗装が保存されねむってます。


R0024089.jpg


 木塊舗装の工事方法の説明。


R0024092.jpg


 説明板、分かりずらいですが現在のアスワルト下の工事は現在とあまり変わらない。
 アスワルトの替わりに木塊を奇麗に敷き詰めたと思えば良いのかな。


R0024093.jpg


 実物の模型ですね。現在はこれを保存するため上に赤れんがで
 遊歩道としたのですね。


R0024094.jpg


 『木塊舗装』時代の貴重な写真。
 明治6年開拓使札幌本庁舎に見られる洋式な屋根に、八角塔のドーム状の建築物
 が見られませんね。
 これは、明治42年の火災で焼失したのです。外壁のれんがは無事でこれを使用して復旧工事
 をしたからだったのですね。


R0024091.jpg


 北海道100年を記念して、昭和43年に完全復元、永久に保存
 される事になりました。


R0024097.jpg


 旧庁舎館内には、北海道の歴史を中心に数多くの展示があります。
 明治初期の建築風景です。


R0024101.jpg


 明治3年の札幌、下の大きな川が豊平川、上部は藻岩、手稲山山麓を示してる
 のでしょう。
 家屋として判別できるのは約30軒程度です。


R0024103.jpg


 『諸藩分領支配図』(明治2年末現在)とあります。
 開拓使直轄、本州各藩の分領等の考え方私は初めて知りました。 驚きです。
 樺太は日露雑居とあります、おもしろい表現ですね。


R0024107.jpg


 北大クラーク博士とのお別れの絵。
 明治10年教え子や教師たちは、島松駅逓所まで同行しお別れをした。
 その時の言葉が『青年よ大志をいだけ』だったのですね。


R0024110.jpg


  ❖ 島松駅逓所> (ブログとリンク)


 道南方面に入植した伊達家の絵。
 きびしい寒さ、食糧難とのたたかいの中、明治7年2頭びきのプラオ等
 西洋農業を取り入れ開拓の先駆者となった。


R0024112.jpg


 北海道で発掘された縄文遺跡には、北東北との交流がさかんだった事が分かります。


R0024114.jpg


 赤れんが庁舎、札幌軟石の玄関階段から外の風景。
 明治初期のここから見た風景はどんな光景だったのでしょうね。


R0024117.jpg


 庭園の池では、ようやく蓮が開花の時期を向かえたようです。


R0024121.jpg


 道庁旧庁舎は昭和44年、重要文化財に指定されてます。
 しばらく振りに見学しましたが、よかったですね。
 これほど優れた明治時代の洋風建築物は国内でも数少ないそうです。
 札幌訪問の機会には見学を!!!


  1. 2017/07/26(水) 08:30:35|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、満月の明かり〜街並を照らす。 (7月9日)        2017,7,19

                                  過去ログ 7月9日

     9日の夕方から、近所のKさん宅に遊びに行っていた。
     Kさん宅は、一軒家でその日は日中から快晴でした。

     気温高く、カーテンを開け雑談中突然誰かが、お月さんすごいまん丸で輝いてるの言葉。
     ネットで調べるとその日は満月。

     自分は当然カメラは持参してない、行動は早かった自宅に向かい早足。
     もう、走る事は無理 (笑)
     自宅ベランダからはベスト光景なはず。
     自宅到着まで、月を見てみると動きが早く感じる、どんどん昇る。

     そんな気分で撮った数枚紹介します。自分は夜景が苦手!!!


 ベランダから、見えるままに!!!


R0024075.jpg


 少し近づいて、中央右の高い建物がJRタワーです。


R0024076.jpg


 角度を変えて。


R0024078.jpg


 JR タワーは買物、食事ができホテルでもあります。
 最上階には展望所があり札幌市の玄関口建物ですね。


R0024079.jpg


 夜景撮影久し振り、藻岩山から札幌市夜景以来ですね。
 次回の満月は、8月8日のようですね、晴れますように!! 自分の誕生日。

         
  1. 2017/07/19(水) 08:26:01|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道産子農耕馬の油絵100号の大作多数〜92歳のおばあちゃん〜個展。   2017,7,12

     大正時代に手稲村(現札幌市手稲区)の農家に生まれた女性が、油絵を描き
     続け個展を自宅で公開の情報、道産子馬は自分も懐かしく訪問観賞させていただいた。

     手稲区は札幌市の西方小樽方面に向かう。 手稲山の山麓と言ってよいでしょう。
     H高齢女性、おばあちゃんと呼ばせてもらいます。現在92歳。

     おばあちゃんの父親は、富山県から入植され、当時の農業は馬が大切な動力、馬が
     居なければ農業は成り立たない時代でした。

     おばあちゃんは子供の頃から、開拓期の足の短い道産子馬を見て育ちました。
     そんな、おばあちゃんが絵を始めたのが54歳の時だったそうです。
     まだ、農作業の忙しい時代(今は機械化が進んでる)何がきっかけか聞き忘れた。

     以来40年間今でも、週に1~2度札幌市内に出て絵画教室に通ってる。
     『馬のいる手稲の原風景が体に染み込んでる』から思い出しながら残したいからだそうです。

     100点以上制作し、100号の大作も多くありました。
     現在は、花、風景など週に一点程度のペースで描いてるそうです。


 個展の展示は、自宅の2階で窓も多く反射光でせっかくの作品に影響してます。
 (カメラと写真技術も多くありますが) 含んで見てください。
 正面玄関を入ると、個展の知らせ。 油絵教室の先生が書いてくれたとおばあちゃん喜んでました。


R0024040.jpg


 二階の奥の部屋に100号の大作が、作品は重なってるので多くあります。
 二階に案内される時、急な階段を92歳のおばあちゃんの早いのに驚きましたね。


R0024038.jpg


 この作品は入賞作品だそうです。


R0024027.jpg


 道産子馬の表現がうまく出てます。
 背が低く、足が太い。


R0024029.jpg


 手稲村時代は、稲作だったそうですが、まだまだ開拓期で
 回りには大木が多くあったそうです。


R0024031.jpg


 おばあちゃん子供の頃、父親と牧草を運んでる風景でしょうか。


R0024032.jpg


 休憩の風景を思い出した絵でしょうか。
 自分の子供の頃、農家では休憩のオヤツをコビリを食べると表現
 してたのを記憶してます。


R0024033.jpg


 農耕馬がうまく表現されてますね。


R0024036.jpg


 冬の馬ソリの絵、(反射光多く残念) 雪深い道を用を足しに夫に
 馬ソリで送ってもらった事が思い出されたのでしょうね。

 自分も吹雪には、学校まで馬ソリで送ってもらった事が思い出されます。


R0024044.jpg



 小作品も数多く。


R0024042.jpg


 小作品は花が多かったですね。


R0024039.jpg


 おばあちゃんは遊び心の作品と言ってましたが
 自分には、秋の収穫も終わり感謝のお祭り風景に見えましたね。


R0024043.jpg


 おばあちゃんは、一階居間の一角でこんな立派な多くの
 作品を描いてます。


R0024048.jpg


 おばあちゃんは、道産子馬の大作の油絵を描いてますがただ一つ
 不満が有るそうです。
 『なぜか私の言うことを聞かなくて。馬にバカにされていたのかな』
 と笑ってました。

 馬無しでは、農家もできず生きていけない時代、いろんな光景を思い出し
 油絵となるのでしょうね。

 当然現在の手稲区は、住宅、商業施設、マンションと変貌をとげてます。

     
  1. 2017/07/12(水) 08:10:53|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、6月の夕日いろいろ〜明日の快晴に思いをよせながら〜    2017,7,5

      今年の北海道は、本当に天候不順。
      先週の週間予報では、今週は太陽さんマーク、でも月曜からドンヨリ!!

      6月の夕日は、例年の半分以下ですね。
      マイ ルーム デスク真正面から夕日を楽しみにしてるのに!!!

      夕日は気象条件で、当然ですが毎回違った美しさを見せてくれますね。
      時には、翌日の天気が想像できるような夕日の時もありますね。

      数少ない6月の夕日を紹介します。

 6月1日 雲の動きも遅く明日も晴れの予感?


R0023893.jpg


 6月6日 夕日地平線から黒い雲が!! 天気又崩れるか。


R0023927.jpg


 6月12日 風もなくおだやかな夕日、明日も期待できそう。
 少しピラー現象でしょうか?


R0023930.jpg


 6月13日 日中は快晴、明日は少し心配な夕日。


R0023939.jpg


 ここ数日PC不調、特にFc2ブログ関係に集中していた、一番困ったのがFc2ブログ
 管理画面にログインできなかった点、二回Fc2に問い合わせをしたが解決せず。
 老人の頭の中パンク寸前でした。(笑) 結局近くに有る安い価格で点検修理してくれる
 所に持参、30分で解決やはりプロ、でも、まだ完璧ではない修理屋さんの話では
 無線LANルータとPCのHDD劣化が考えられるので、検討しなさいとの事。

 ブログ投稿が可能に成ったのはよかった。

      
  1. 2017/07/05(水) 09:01:58|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、散歩道で見た癒されるマンション〜工夫された花一杯活動〜 2017,6,28

     今年は、天候不順ですね。 全国的なところもあるようですね。
     札幌は昨日から、週間予報では太陽さんマーク年寄りの散歩も自然と距離が延びます。

     春から、散歩道で多く見かけるマンションの中で、花音痴の私が気になるマンションがありました。
     普通マンションは、駐車場、自伝車置場、通路等で花壇で花を楽しんでるマンションは
     ほとんどみかけませんね。

     そのマンションは、世帯数の多い方で敷地面積も広い方ですが、各所に有るわずかな面積を
     利用して、マンションの回りが花で囲まれている感じがするのです。

     散歩してると、手入れ中の方が居ましたので少し話を聞く事ができました。
      住民の中で、サークルを作り活動、活動には予算が必要で理事会から出てるようです。

      春から季節とともに、見事に変化をしているマンションの花一杯活動を紹介します。


 春には気づきませんでしたが、手前には小さな花、奥には大きめと
 工夫されてるのが、分かるようになりました。


R0024003.jpg


 小さな面積ですが、中央に手入れ用の通路がある。
 花の大きさ、色等で配置も工夫されてるのが分かります。


R0024005.jpg


 ここも、小さな面積の利用ですね。


R0024009.jpg


 白とピンク系の可愛い花。
 白い花には、ハチが花粉集めで中に入ってます。


R0024006.jpgR0024007.jpg


 小さな花壇も大きく感じます。


R0024010.jpg


 庭園風です、よく石ころ集めましたね。


R0024013.jpg


 つるバラで良いのかな!!


R0024014.jpg


 種類の多さに驚きです。
 写真では、小さな花達に気づきづらいですね。


R0024015.jpg


 私には知らない種類ばかり。
 そんな人のため、名札がついてます。


R0024016.jpg


 このような配置も、小さな可愛い花達が一層目立ちますね。


R0024019.jpg


 一度で二度楽しめる花。
 見る角度により印象が変わる気がしました。


R0024011.jpgR0024018.jpg


 丁度見頃でしたね。


R0024020.jpg


 庭園風がここにも。


R0024021.jpg


 わずかな面積でも、利用の仕方でこのように!!!


R0024022.jpg


 マンションの回りには、遊休地は一ヶ所もありません。(笑)


R0024023.jpg


 私には同じ種類に見えたのですが、白とピンク。


R0024024.jpg


 花好きにはたまりませんね。


R0024025.jpg


 マンションにサークルが有り、花一杯活動をしてるそうです。
 札幌中心部で、庭師による庭園風のマンションを見たことが有りますが、住民による
 これだけの花壇作りは、少ないと思いながら見させてもらいました。
 写真撮影と観賞ありがとうございました。

 これからも、散歩で時々見学させてもらいます、よろしく。

      
  1. 2017/06/28(水) 09:15:39|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市北区、新緑の彩り『エルムの森公園』〜住宅街のオアシス〜    2017,6,21

    私が北区の住民になったのが、平成7年当時は植樹された木も小さく、住宅街
    の公園としては広い方かなと言う感じの公園でした。

    この公園は、北海道大学第2農場として使われていたそうです。面積2㌶あり平成5年
    開園してます。 住民、付近町内会の要望があったのでしょうか、住宅街の公園として
    は広いほうですね。

    平成14年に公園外周に、パークゴルフコースが出来大人から子供まで楽しめる公園になってます。
    また、この公園には古い歴史があった。 公園開園前に発掘調査されてます。
    900〜1300年前の擦文時代の遺跡が出ており、K435遺跡と言われてます。

    住居は竪穴式で24軒で、すでにたくさんの人々が生活し小さな村ができていたのですね。
    発掘から、食料はアワ、ヒエ、キビ、ムギ、無数に捕れたサケ、マスだったようです。

    北大構内の北側にも、竪穴住居跡が発掘されておりK435遺跡とも近く交流もあったで
    しょうね、当時のジャングルの中ロマンの想像がふくらみます。


 北大とエルム公園の位置関係地図。
 北大と距離的に2~3㎞ですから交流あった事は当然想像できますね。
 エルム公園マーキングが、足の部分しか出てません。左上部です。





 エルムの森公園です。


R0023957.jpg


 公園の全体像、公園の中に市道があります。
 外周にそってある数字がパークゴルフコース。9ホール。 無料です。


R0023978.jpg


 公園内にある、ただ一つの石碑『桜道』


R0023976.jpg


 K435遺跡を示す説明板。


R0023987.jpg


 外周のパークゴルフ、平成14年完成。住民の活動があったのでしょう。
 安全には十分配慮されてますね。


R0023979.jpg

 遊具も設備、大人から子供まで楽しめる。
 ママ友、子供達の輪が広がる場所。


R0023994.jpg


 夏の酷暑の時期には、石垣から水が水路に流れ子供達の絶好の遊場。


R0023982.jpg


 木も成長し、木陰も多くなりました。


R0023980.jpg


 中央広場。


R0023984.jpg


 中央広場の回りは木々で囲まれている、暑い日でも親は安心。


R0023995.jpg


 快晴、お父さんも家族サービス、後ろから撮らせてもらいました。


R0023985.jpg


 銀杏道り。 秋には大きな銀杏の実をつける木が2本程ありますよ。


R0023992.jpg


 広場で野球遊び。


R0023993.jpg


 公園内市道を挟み、反対側はすべてパークゴルフ。


R0023990.jpg


 自宅から散歩圏内、約20年利用させて貰ってますが木々も成長し森の公園のイメージに
 変わろうとしてますね。
 この公園が、北大農場、そしてさらにさかのぼると擦文時代まで歴史が有ることに驚きです。
 その時代があって、今の近代的生活があるのでしょうね。


    
  1. 2017/06/21(水) 11:13:33|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市の花、在来スズラン群生地〜市内ではこの1ヵ所のみ手稲区富丘西公園。 2017,6,14

    札幌市の花として、スズランが昭和35年に市民により選ばれてます。
    6月上旬開花した報道があり、癒されてきました。

    在来のスズランは、南区、東区の緑地帯に多く群生してましたが、昭和47年
    札幌冬季五輪を境に、宅地化が急激に進み自生地が奪われたようです。

    現在公園、緑地で見られるスズランは在来種より花が大きいドイツスズランだそうです。
    富岡西公園の自生地は約1600平方㍍、40㍍×40㍍とわずかな面積、広い札幌市を考えると本当に貴重
    な在来種自生地ですね。

    富丘西公園は、札幌から小樽市方面に向かい手稲山山麓のふもとと言ってよいですね。


 富丘西公園到着。


R0023923.jpg


 案内板です、公園の中まで散歩しませんでしたが
 自然林を利用した公園の感じがした。 大きな木が多い。


R0023896.jpg


 雑草の中で可憐で、小さな花のスズラン。
 地元町内会の協力で草丈の高いススキやカモガヤを刈り取る
 活動をしてるそうです。 おかげで私どもが楽しめる。


R0023907.jpg


 満開ですね。 日当りが大切なようです。


R0023904.jpg


 花は小さい。そして可愛い。


R0023905.jpg


 花の色が白も良いですね。


R0023908.jpg


 日当りの良い所では群生してます。


R0023914.jpg


 見頃です。
 私も北見市生活時代、スズラン庭に有りましたが花は大きかった。
 ドイツスズランだったのですね、このスズランは繁殖力旺盛でしたね。


R0023918.jpg


 ヒメイズイ。
 スズランと同居、茎が直立して花がぶら下がる形になるそうです。


R0023900.jpg


 ここのスズラン、まだレッドリストになってないそうです。
 市内全域の調査が乏しいからだそうで、『保護に留意すべき種』だそうです。

 私以前のブログで、札幌の花をライラックと紹介した記憶があります。
 今回調べて間違ってましたね、札幌の花はスズラン、市の木がライラック
 市の鳥がカッコウでした。


  1. 2017/06/14(水) 11:43:37|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、
PCもblogも初心者です。
よろしく。
イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (40)
旅行 (10)
札幌 (178)
北海道 (135)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
栃木 (1)
群馬 (2)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

北のうさぎ