オジサンの車中泊ぶらり旅&日記

車中泊の旅過去ログ&旅行&日記など綴りたいと思います

札幌市、条件により雲海の季節〜寝坊で雲海崩れ。空に架かる虹の橋。   2017,9,20

      今月から、10月にかけ気象条件により札幌市の西方の山麓、藻岩山、手稲山
      方面に向けて雲海が見られる。 確率は非常に少ないが。

      先日の9月9日は、私の予想と言うか感では雲海の発生確率が高い。
      早寝をしたが、目覚めたのが8時過ぎ、6時頃には起きる必要がある。
      雲海崩れの画像となった。
      『おそ起きは、三文の損』(笑)  次回は目覚まし時計ですね。

 小雲海の紹介になりました。 この日は予想通り雲海の発生があったと思います。


R0024433.jpg


 条件よければ、札幌でもこのような雲海に出会います。
 H28,9,24. 6時


R0022759.jpg


 9月15日。早朝7時(私にしては早朝)カーテンを開けると石狩湾方面に
 半円周前面の虹、札幌での全周の早朝の虹は珍しい。
 雲海の失敗に変えて紹介します。


R0024453.jpg


 虹の下をJR学園都市線が通過。


R0024452.jpg


 札幌市、藻岩山山麓の雲海と虹、過去にもブログ投稿してました。2016,10,17

     ・  【藻岩山山麓の雲海と虹

 北海道の雲海では、占冠村星野リゾートトマムが有名ですよ。
 ブログ投稿で紹介してました。 2013,9,6

     ・  【占冠村、星野リゾートトマムを歩く

 このブログでは、占冠村星野リゾートトマムHP をブログ最後の方で
 リンクできます。
 HP の雲海テラスで、雲海の動画も見られます。興味のある方はぜひ。

札幌の雲海は、これからです。チャンスは非常に少ないですが。
待ちます。

台風18号日本列島縦断、被害にあわれた地方の方お見舞い申し上げます。

  1. 2017/09/20(水) 08:16:34|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道マラソン2017〜オリンピックを目指すランナー〜楽しむランナーいろいろ。2017,9,13

       今年の北海道マラソン2017は、8月27日終了しました。
       夏のマラソンですが、天候はめぐまれた条件に感じましたが!!

       この大会は、東京2020年オリンピック日本代表選手選考競技会の一つでもあり
       世界陸上競技会選考レースでもあるようですね。

       今年のエントリーは17000人が上限と聞いてましたが、最終人数はまだ分かりません。
       平成27年には、19000人のエントリーという数字もあるようです。

       私は、マラソンコースから歩いて5分くらいですので、用件が無ければ毎年
       応援させて貰ってます。 応援場所は往路で14~15㎞ 、復路で37㎞地点ぐらい
       で、復路で先頭集団がゴールまで残り5㎞地点でデットヒート中でも、反対コース
       の往路にはまだ、折り返し地点目指し走ってるそんな所で両方の応援で大変です(笑)


復路37㎞地点、トップグループが来るようです。


R0024363.jpg


 白バイの先導で!!!


R0024365.jpg


 残り5㎞地点でトップグループは、5人に絞られてるようです。
 まだ、往路を走るランナーも!!!


R0024366.jpg


 途中棄権者の為バスも通過。


R0024369.jpg


 給水所、選手が集団状態になると大変です。
 皆さんボランティアですね。


R0024371.jpg


 トップグループから、かなり時間が過ぎると集団のグループ
 になり、皆さん楽しんでるように感じます。


 R0024355.jpg


 仮装ランナーも多くいますが、このランナーは大変そうですね。


R0024359.jpg


 バス移動希望の方はどうぞ!!!


R0024360.jpg


 夏のマラソンですが、気候条件は良かったと思います。
 走らない人の言う言葉ですが。


R0024340.jpg


 大集団です。がんばれ!!!


R0024353.jpg


 北海道マラソンは、昭和62年に始まってるのですね。
 5時間以内に、フルマラソンを完走できることが条件なようです。
 今回男子トップのタイムが、2時間14分48秒でしたが、オリンピック選考
 参考レースとしては、少しものたりなかったでしょうか。
 選手としては、今後の各種大会を考えながら走ってるのでしょうが。

       
  1. 2017/09/13(水) 08:25:02|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道博物館。北海道120万年物語〜開拓、生き物たち、アイヌ文化の世界。 2017,9,6

     江別市野幌の千古園散歩後、近くの道立自然公園、野幌森林公園に寄ってみることにした。
     目的は北海道博物館見学でした。
     森林公園探索は、何度かありましたが北海道博物館はまだ見学してない。
     道産子は一度は見ておかないと!!!

     千古園で、ゆっくりしてしまい閉館まで時間が少ない。
     まとまりの無い、ブログに成りそうですがお許しお願いします。

 北海道博物館です。さすが立派です。
 反省ですが、展示内容が自分の好みにぴったりマッチング、余裕をもって再度訪問したい。


Hokkaido_Museum.jpg


 縄文人のおしゃれ。
 遺跡の発掘、墓から出るアクサセリー、土偶などを調べることで当時のおしゃれが
 知る事ができるそうです。
 左上の二つの首飾りは、札幌近郊の恵庭市で発掘されたものです。


R0024250.jpg


 当時の生活のようすでしょうか、竪穴住居時代のようです。


R0024251.jpg


 北海道で初めて発見された、ナウマンゾウの足跡の化石。
 幕別町。


R0024242.jpg


 ゾウの歯の化石。
 上に2本、下に2本の大きな歯があり、しぬまでに5回もはえかわるそうです。


R0024247.jpg


 マンモスの時代。


R0024249.jpg


 アイヌ民族と和人の交易。
 アイヌ民族の品々は、トド、アザラシの皮。クマの毛皮、海で捕れた乾物が見られます。
 和人から手に入れたものは、米、酒、たばこ、鉄製品などが多かったそうです。


R0024253.jpg


 アイヌ民族と和人の交易。


R0024252.jpg


 時代は過ぎ、交易の為にアイヌ民族の村へやってくる和人(松前藩)との儀式
 でしたが、場所請負制が広く行なわれるようになると、アイヌの人達が守らなければ
 ならないことを和人が一方的に伝える場に変わっていったのですね。
 伝えてる場面でしょうか。


R0024256.jpg


 明治16年の道内地域別アイヌ民族人口。


R0024260.jpg


 交易光景でしょうか、下の方に多くの荷物を運んでる人が見えます。


R0024265.jpg


 広い北海道、何処も大森林地帯。
 開拓も大変だったでしょうね。


R0024277.jpg


 明治4年の札幌の開拓風景。現在の平岸地区。


R0024258.jpg


 大型の道具も必要でした。


R0024271.jpg


 我々高齢者にしか分かりませんが、子供の頃祖父から聞かされましたが、こんな悲しい制度
 があった時代もありました。


R0024272.jpg


 大正時代になると、ようやく北海道の生活にも変化が出てきました。


R0024273.jpg


 私が子供時代の農作業風景と農機具、懐かしいです。


R0024263.jpg


 昭和の時代に入っても、思い出したくないことがありましたね。
 『家庭も小さな鉱山だ』  


R0024279.jpg


 北海道博物館は、延床面積8800㎡ あり、ゆっくり見学するには時間に余裕
 を持つ必要がありますね。
 私は時間の関係で、ほんの一部しか見学できませんでした、北海道の歴史を知るには
 最高の博物館です、再度訪問したいと思ってます。

  休館日     月曜日
  開館時間    9,30~17,00
  住所      札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
  TEL       011-898-0466

      江別市、野幌森林公園関連記事。

       ・ 【東野幌、千古園
       ・ 【レンガ造り円形校舎
       ・ 【レンガの時計塔
       ・ 【北海道開拓の村を歩く①
       ・ 【北海道開拓の村を歩く②
       ・ 【北海道百年記念塔
    
  1. 2017/09/06(水) 08:27:09|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙空間を目指して〜ロケット『MOMO』燃焼実験ノズル展示、説明会。  2017,8,30

      インターステラテクノロジス株式会社の弾道飛行ロケット『MOMO』は
      徹底した低コストで宇宙を目指して開発が進められてる。

      堀江貴文氏も役員として参加。
      『MOMO』の実機は全長10㍍, 重量1150㎏, 機体直径50㎝, 燃料エタノール、酸化剤液体酸素
      推力1,2㌧、目標到達高度100㎞ の機体構造だそうです。

      今回第1号機が2017年7月30日北海道大樹町から宇宙を目指しましたが、残念ながら
      高度30~40㎞の所でデーター通信が途絶し、緊急停止を行い海上に落下しました。

      北海道庁舎一階で、MOMOの8分の1の模型を展示、実験段階の燃焼ノズルの展示
      説明会があり見学してきました。
                                   各画像の許可は受けてます。

 北海道広尾郡大樹町は人口5700人の町、『宇宙のまちづくり』として
 イメージ作りをしてる町でもあります。





 MOMO 8分の1模型ロケット、モニターテレビでは現在までの
 取り組み、実験映像、MOMOまでの苦労が実感出来ました。
 中央に堀江氏が居ますね。


R0024316.jpg


 100秒燃焼用ノズル。MOMOのメインエンジン試作機として作られた、
 エンジンのノズル部分、一番内側の黒い部品は黒鉛炭素。
 2016年このエンジンで推力1トン100秒の燃焼時間に成功。


R0024320.jpg


 燃焼用ノズル上部部品、アルミニューム合金この奥が燃焼用ノズル
 になります、かなり高温に成る事が想像できますね。


R0024323.jpg


 燃焼用ノズル全体画像、バック画像はMOMOですね。


R0024334.jpg


 地上燃焼試験用コントローラ、実際に使用されたコントローラ。
 低コスト、手作り感一杯ですね。


R0024318.jpg


 地上燃焼テストモニター映像、MOMOの完成に重要な実験。


R0024325.jpg


 MOMO ロケットの構造説明、ブログ画面では分かりづらいと思いますが
 ロケットに無知な人でも分かり易く説明されてます。


R0024377.jpg


 MOMO会場に行くのに、北海道旧本庁舎を通過したので
 いつもの画像ですが!!


R0024305.jpg


 蓮の花も開花を初めてました。カモも楽しそう。


R0024307.jpg


 今年の初トンボ。


R0024310.jpg


 北海道旧本庁舎裏側の画像、表玄関側と似てますね。
 ここを通ってMOMO の所へ。


R0024315.jpg


 一回目のMOMOの宇宙到達は、失敗しましたが貴重なデーター
 が多くあったそうです。
 堀江氏は必ずリベンジを誓ってるそうです、その日が楽しみです。
 又、堀江氏は住民表を大樹町に移してるそうです、MOMOに掛ける本気度が分かります。


  1. 2017/08/30(水) 08:31:26|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌市、月の出〜月の入り。                     2017,8,23

     私もそうですが、空を題材にした写真は圧倒的に夕日ですね。
     今日の夕陽は美しいと思った時は、ついカメラに手が、気に入ればブログ投稿
     も何度かありました。

     他の方のブログ、写真集等でもやはり夕陽が多い。

     札幌市の西方には、小樽方面に向かい藻岩山、大倉山、円山、手稲山、春香山等
     の山麓が続いてます。
     
     7月のある日、夕陽を眺めてるとある山頂付近に薄く光るものが目に入る。
     最初は何者と思いましたが、少しづつ山に沈んで行く、月の入りと気づく。
     夕陽と月の入りがほぼ同時ってあるのですね、。
     翌日も晴天、写真に撮ることができました、月の入りを撮ったら、月の出も撮りたい。

     どうせなら、満月を、調べると8月8日(私の誕生日)
     前日調べると、8日は天気予報が悪い、7日の記録になりました。

     月の出、月の入りを紹介します。

 月の出、 ほぼ満月に近い月が南方から(当然ですね、笑)
 右にはJR タワーの札幌駅です。


R0024290.jpg


 月の出、少し近づいて!!


R0024291.jpg


 月の出、 私の技術ではこれが限界、月の出も美しいですね。


R0024292.jpg


 月の入り、太陽はもう沈んだようですね。


R0024134.jpg


 月の入り、夜景は失敗作が多いので何回もシャッターを切ってると
 JR学園都市線の高架に列車が通過、横に輝く光だけですけど!!!


R0024139.jpg


 月の入り、まもなく月の入りです。
 恥ずかしい話ですが、私自身このような光景は初めてです。
 月の出、月の入りに関心、意識が無かったのでしょうね。
 春香山のあたりと思いますが、月があまりにも小さく分かりづらいですね。


R0024128.jpg


月は夜空を眺めると、多くの星と共に夜空に輝いてるものの意識から
月の出、月の入りを初めて感じた気持ちでした。

   
  1. 2017/08/23(水) 08:20:13|
  2. 札幌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江別市東野幌、千古園北の開拓に尽くした関矢孫左衛門屋敷跡、ブナの大木。  2017,8,16

     札幌市から国道12号線を旭川市に向かい、約30㎞程度に江別市があります。
     江別市野幌駅手前で、右折道道46号線に入るとまもなくでした。 江別市東野幌375番地。

     この地、野幌開拓の移民団は旧長岡藩士宅に本社を構えた『北越植民社』誕生は明治19年。
     関矢孫左衛門が初めて野幌の地を踏んだのが明治22年、翌年新潟の農民ら200人以上と共に
     野幌への移住が本格化したそうです。

     この千古園は、孫左衛門の屋敷跡で思いのほか広大でした。
     最初は、巨木のブナがほとんどかと思いましたが、いろんな種類の古木、高木が多いのに
     驚きました。

 12号線から右折まもなく46号線ぞいに大木の森が目に入る。
 千古園を示す案内板が。

R0024172.jpg

 千古園の大木の切れ目の広場に立つ『史跡千古園』の石碑。

R0024219.jpg


 千古園の中央付近に、大木の森の中で太陽が差し込む小さな広場
 があった、孫左衛門の屋敷のあった場所かと想像してしまう。

R0024225.jpg

 広場のまわりは、長い歴史を思わせる大木、高木の連続。

R0024226.jpg

 千古園の外周にそって、大木の間に立つ石像、石像の裏には個人名があり
 個人で建てたもののようです。

R0024174.jpg

 何本かが合体したように見えますね。

R0024235.jpg

 大木ブナの集団、みごとです。
 老大樹のブナの種子は明治31年孫左衛門が出身地の新潟県から持ち帰ったものだそうです。
 長い風雪に耐えてきたことを、想像して見てました。

R0024183.jpg

 3本に見えますが、実際は5本が長い歴史の中で合体した姿だそうです。

R0024229.jpg


 園のくぼ地に、池と東屋が開拓の疲れを癒した場所でしょうか。

R0024206.jpg

 関矢孫左衛門の指導で、開拓成功と発展を偲び村民が『留魂碑』としてここに据えた。
 孫左衛門はこれを喜び周りを散策したそうです。

R0024211.jpg

 野幌独立移住民開拓記念碑。
 独立とはどんな意味をもつのでしょうか。

R0024216.jpg

 江別市保存樹木ブナ。
 道南地方が北限だそうですが、市内でも稀な巨木だそうです。
 樹高 25㍍ 樹齢 120年

R0024184.jpg


 サワラ(保存樹木)サワラとしては有数の古木で高木です。
 樹高 25㍍  樹齢  95年

R0024189.jpg


 ミズナラ。 水分の多い木でミズナラと言うそうです。

R0024192.jpg


 キタコブシ(保存樹木) 樹齢 180年
 大木、古木となり枝に支えが必要となってます。

R0024178.jpg


 シラカンバ(保存樹木)北海道では比較的良く見る木ですが、こんな大木は初めて
 開拓当時そのまま残されている貴重な巨木です。

R0024195.jpg


 エゾヤマザクラ(保存樹木)
 開拓当時の樹木です。 樹齢 95年

R0024199.jpg


 うだいかんば。
 樹皮は良く燃え、鵜飼のたいまつに使われるそうです。

R0024204.jpg


 イチイ(保存樹木) 北海道ではオンコとも呼びますね。
 こんな、高木のイチイは初めて、樹齢 210年

R0024236.jpg


 広い千古園で唯一見た花。

R0024209.jpg

 千古園から見えた、むぎ畑。
 収穫時期のようです、孫左衛門の精神が今も引き継がれてますね。

R0024234.jpg


 千古園は江別市指定文化財になってます。
  驚いたのは、この地区は豪雪地方広い園には大木、古木が多く守るため冬囲い
 をしてるのだろうか、私は数と高木から自然にまかせてるように感じた。

 一本の枝も折れた様子が無い、まわりのブナの大木が内側に多い保存樹木の古木
 を守ってるようにも見える。
 
     
  1. 2017/08/16(水) 08:20:29|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自宅から花火大会観賞〜街の夜景とベストマッチング〜       2017,8,9

      猛暑と水害地区の皆さんお見舞い申し上げます。
      北海道も8月になれば、少しは過ごしよくなるのですが、まだまだですね。
      特に夜には、寝易くなるのですが、まだ寝苦しい日が続いてます。

      夕食後、網戸で風を通しくつろいでると、アチ、コチでドーン、ドドーンの音
      花火大会です。

      各地区の夏祭り、時には学校祭での花火大会もあります。
      ベランダから、見学する遠くの花火も良いものですね。
      
      しかし、画像とするにはシャッターチャンスが難しい。
      7~8割は失敗作、夜景苦手が再確認されました。(笑)

 7月8日、自宅から北方面、石狩市新港方面か?
 中央に小さく見えますね。 直線距離で10 ㎞以上あるでしょうか。


R0024073.jpg


 少し近づいて。


R0024066.jpg


 ベストな方の一枚。


R0024068.jpg


 7月14日、札幌中心部より東方面。 東区か?


R0024081.jpg


 少し、悲しくなってしまった花火ですね。


R0024082.jpg


 7月28日、 札幌市一番の花火大会。
 北海道新聞社、UHB 放送局協賛豊平川河畔での大会。 4000発だそうです。
 以前は、現地観賞で楽しんでたのですが、最近は自宅観賞。
 ところが、市中心部に高い建築物が多くなり観賞しづらくなってきた、どうしてくれるの。(笑)


R0024143.jpg


 直線距離で10㎞ぐらいでしょうか。夜景の雰囲気を多くと思ってると
 花火が小さくなってしまいました。


R0024147.jpg


 タイミング合った方でしょうか。


R0024160.jpg


 一ヶは色違いにしてほしかった。


R0024161.jpg


 ドドーン、ドドーンと連続の音。 最後のクライマックス。
 しばらく続く、最初は奇麗に見えてたが(その画像は失敗)その内全体がぼやけてきた。
 当日、無風状態に近く煙が動かない、そんな時の画像が!!!


R0024170.jpg


8月に入っても少なくなったが、まだ時々音が聞こえてきます

北海道はお盆を向かえる頃には、過ごしよくなり秋の収穫時期となります。
昨日の報道では、今年の熱中症道内最悪ペースだそうです、1000人を越えた。
残暑きびしい北海道です。

  1. 2017/08/09(水) 08:20:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

N.PIKA

Author:N.PIKA
大雪山を一望できる上川盆地で育ち、旅、登山、釣りを趣味として年輪を重ねたオジサンです。
全国車中泊の旅を3度トライしました、
PCもblogも初心者です。
よろしく。
イラストは大雪連峰です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (41)
旅行 (10)
札幌 (181)
北海道 (139)
青森 (6)
秋田 (7)
岩手 (9)
宮城 (1)
仙台 (1)
山形 (5)
福島 (1)
新潟 (6)
栃木 (1)
群馬 (2)
埼玉 (1)
千葉 (4)
神奈川 (1)
長野 (7)
静岡 (9)
愛知 (4)
和歌山 (8)
岐阜 (21)
福井 (1)
滋賀 (12)
三重 (5)
京都 (5)
奈良 (1)
大阪 (1)
兵庫 (4)
香川 (1)
広島 (4)
山口 (4)
福岡 (3)
佐賀 (2)
長崎 (3)
鹿児島 (1)
小樽 (8)
岩見沢市 (4)
苫小牧 (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

北のうさぎ